「 産後調整・育児疲れ 」一覧

産後の尾骨痛

「先月出産しまして、出産後から尾骨の激痛が出始めました。」

「薬でいくらか弱まったのですけど、仰向けで寝たり座ったりで強い痛みがあります。」

 

30代女性。

 

動いていただくと、

尾骨痛は前屈で少し響く、一番は仰向けで寝た時と座った時に痛み。

肩、首の辛さもあります。

 

整体チェック法で整体要因リレーションをチェックすると、

(尾骨痛)

  • ストレスによる股関節の緊張からの影響60%
  • ストレスによる肩の緊張からの影響20%
  • ストレスによる腹部の緊張からの影響20%

 

3点部位の連動により尾骨痛が出ています。

そして、3点の部位それぞれは、ストレス系緊張層の蓄積によるものです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

相対解除の間接手法を用いて、部位間の連動や部位自体の緊張を解放。

 

途中、解放しにくいストレス系緊張層が反応してきました。

それらを項目を特定する手法で解放。

 

起きていただいて確認。

「首が痛い!」

 

座る確認で、

「大丈夫です。」

仰向けで、

「おお!痛くない。」

 

「施術の途中で急に全身が軽くなったのを感じて。」

「今、カラダがスッキリしています。」

「目がすごい開くようになりました。」

 

首痛の関連を解放させて、お辛さ消えた状態で終了。

 

今回は、ストレス系のみ反応してきましたが、冷えの反応が強く、冷え取りの最適値をお伝えしました。

次回は一週間後です。

 

 

(2回目 一週間後)

「一昨日から痛みが出始めました。」

「それまで大丈夫でした。」

「今は、地べたに座って抱っこする時に痛みが出やすいです。」

 

整体要因リレーションを整体チェック法で確認。

(尾骨痛)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • 全身にかかる緊張からの影響 80%
      =全身にかかる緊張の要因リレーション

    • 冷えによる内部の緊張との連動 60%
    • ストレス系が直にかかる影響 15%
    • 股関節の緊張からの影響 15%
    • 太ももの緊張からの影響 10%

初回ではストレス痛がメインでしたが、奥に潜む冷えが主因の緊張層が表面化してきました。

 

前回同様の施術を行います。

確認で、

「肩取れている。柔らかい。」

仰向けで、

「足動かすと少し痛みますが、さっきより全然楽です。」

 

再調整して、

仰向け確認。

「大丈夫です。痛くない。」

地べたに座った確認。

「あ、今、尾骨がポコって鳴った。でも痛くない。」

 

施術としては、この2回の施術で蓄積がほぼ取れていると思います。

再発防止に冷え取りの継続が必須なので、

冷えの影響を再度説明して終了。

 

「でしょうね。寒いもん。」

「赤ちゃんのためにエアコンつけっぱなし。」

「寝るときもクーラーつけないといけないから。」

 

 

【緊張層の蓄積と整体的不調】

整体的不調は、自律神経の乱れによる緊張層の蓄積現象から起きていることが実績からわかっています。

 

骨のズレは蓄積のアンバランスにより発生している現象。

緊張層の蓄積を解放していくと、ズレは自然と解消されます。

 

今回の尾骨痛のお客様は、

最初はストレス系が主因の部位間連動を取ることで痛みが消失。

一週間、間隔を開けていただくことで、

初回では表面化していなかった冷えを主因とする緊張層が出てきました。

 

「赤ちゃんのためにエアコンつけっぱなし。」

と言われていましたが、冷えの蓄積はそれより以前から起きていたと考えていただいた方が良いです。

 

冷えとは、温度差による自律神経の乱れで、エアコンや冷たい食べ物による影響などがあげられます。

夏などは、「冷たくておいしい!」と、気持ちよく感じていても、自律神経的には温度差でびっくりして乱れてしまう。

みたいに、不快な感覚が無く蓄積が起きていることが多いので注意が必要です。


目を左右に動かすと起きるめまい

「2ヶ月前に、めまいで急に起きられなくなって、病院に連れて行ってもらいました。」

「点滴や薬でしばらく休んで仕事に復帰すると、また同じ症状で倒れました。」

 

「それからは、めまい、吐き気だけでなく、手足の痺れ、頭痛が出るようになって、薬を飲んでいます。」

 

「めまいは視線を左右に動かすだけで気持ち悪くなる。車の運転ができません。」

「頭は常にボーッとした状態で、心配事が常にぐるぐる回る。」

 

30代女性。

 

4ヶ月前に育休から復帰。

それ以来、育児、仕事と息つく暇がない状態。

 

  • 育児ストレス
  • 復帰した職場でのストレス

一番大変な時ですね。

 

今現在の状態:

  • 目を左右に動かすとめまい
  • 頭がボーッと重い
  • 気持ち悪さ、吐き気
  • 左足のしびれ
  • 首全体のコリ
  • 右肩のコリ
  • 後屈での腰痛

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(目を動かしたときのめまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系 20%
  • 頭の緊張の影響 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 20%

部位間の連動とストレスや冷えの蓄積によるのもです。

他の首や吐き気に関しては、ストレス系の影響が半分以上の割合でかかっています。

 

相対解除の間接手法をつかって、内部や部位間の緊張の解放を繰り返し、蓄積を解放していきます。

確認で動いていただくと、

 

「肩取れています。」

「首はまだ痛い。でも、さっきより減っています。」

「腰は違う位置に痛みがでてきました。」

「頭は重さが残る感じ。」

「めまいは、...。 目を動かしても起きません。大丈夫です。」

 

腰、頭の重さ、痺れは数回の再調整で良くなり、

首はストレス系の絡みで若干取れにくく、最終、右の首筋に少し残った状態で終了となりました。

冷え取りの最適値をお伝えしました。

 

 

(2回目~4回目までの経過)

経過に合わせて新しい不調も出てきました。

これは、既にある緊張層の蓄積を解放する過程で奥の蓄積層が表面化して起きる現象です。

 

各施術前の確認では、めまいの出方の変化、頭の重さは経過相応に減少。

首や肩や腰は少しずつの改善。

 

 

(5回目 前回から3週間後)

「めまいは出てこなくなりました。」

 

「途中出てきた耳鳴りと耳のつまりは残っています。」

「耳は病院にもいきましたが様子をみましょうという感じです。」

「肩こりは出てきますね。それに合わせて頭の重さが出てくることがある。」

 

「でも、カラダが動くようになりました!」

 

やっと、一般的な産後のケアのお客様レベルになった感じです。

  • 育児ストレス
  • 復帰した職場でのストレス

まだ入ってくる量が多い状況なので、肩首などはまだこりやすい状況にあります。

 

しかし、今回の施術では、残りやすかった首のお辛さも消えた状態で終了。

古い緊張の蓄積はだいぶ減ってきた感があります。

めまいなど動けなくなる不調は出なくなったので、ご自身的にも一段落な感じです。

 

この後は、メンテナンス間隔の施術と、冷え取りを今まで通り続けていただくことで、徐々に余裕が増えてさらに不調が出にくいおカラダになっていきます。

育児と家事とお仕事の両立は本当に大変ですね。


授乳中の腰痛

「授乳で抱っこの間、腰が痛くて辛いんです。」

「一週間前からで、運転中、立ち座り、あぐら、かがんだり反ったりでも痛みます。」

 

紹介でご来院。40代女性。

 

特に左お尻に痛みが集中しています。

動いていただくと、前屈と起こすときに腰回り。

腕の動きで授乳中に共通の肩や肩甲骨周辺の痛みも訴えられます。

 

授乳期間中は不調が出やすいです。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

整体要因リレーション:でん部・腰痛

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系の緊張 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 10%

整体要因リレーション:肩周辺

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系の緊張 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%

 

マスキングに合わせ、相対解除の間接手法で内部との緊張連動を解放。

随所に付帯するストレス系緊張層の解放、部位間リレーションの調整を行って確認。

 

「肩、楽になっている。」

「左お尻はまだ痛い。」

 

再チェックでお身体の随所にストレス系の緊張が反応してきます。

蓄積が多く、確認と再調整を数回繰り返しました。

 

最終確認で、

「たいぶ引いてきた。抜けた感じ。」

「すごい!聞いていたとおりですね。」

 

色々な動きをしていただいて、痛み無く終了できました。

改善の変化量は、蓄積された緊張層の量とその性質に左右されるので、人それぞれ個人差があります。

 

 

技の説明や生活習慣の改善を説明していると、

「20分くらい授乳しているんです。その時の辛さがどんどん増すようになって。」

「断乳したほうがいいんじゃないかと考えていたところなんです。」

「今後、...」

 

今、楽にはなっているが、ご遠方なので何度も通えないなか、今後の不安があることがわかりました。

『授乳を始めるとまた出てくるんじゃないか?』

『授乳をやめると赤ちゃんが可哀そう。』

 

今回、冷え(体内の温度差で自律神経が乱る)により起きた緊張層の蓄積がベースになっていました。

使い疲れやストレスの影響もたくさんありましたが、

冷えによる緊張の蓄積が無かったら、今回ほど酷いお辛さにはなっていなかったケースだと感じています。

 

お伝えした最適条件で冷え取りをおこなっていただくと、おカラダに余裕ができてきます。

他の授乳中の方も共通ですが、

おカラダに余裕ができることで、使い疲れやストレスなどの量が今までとかわらなくても、痛みとしては表面化しにくくなります。

 

施術は月一回でも大丈夫と思いますよ。

 


出産後、骨盤ベルトは必要?

ブログ 「 呼吸しづらい、夜眠れない 」 の常連様(20代女性)。

ご出産後9カ月でご来院。

 

「やっと来れました。」

「首と肩がガチガチで、息しづらいです。」

 

前回の妊娠時よりも溜まっている?

お辛さの傾向は前回同様なので、簡単に元に戻せると思ったのですが...。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

マスキングに合わせて、ストレス系、内部の緊張、部位間連動の調整。

確認で、

「変化はしていますけどまだ辛い。すごく辛い。」

 

変化が少ない。

こういう時は、何か見つけにくいマスキングが隠れています。

 

これを見つけ出すのに少し時間がかかりました。

「病院で骨盤ベルトを勧められて、ギュウギュウに締めてくださいって指導されたの。」

「痛くてたまらないから、私は途中で着けるのやめました。」

 

整体チェック法がこの事象に反応しました。

このマスキングに絡む緊張層を解放させて確認。

 

「変わってきた。取れてきました。」

 

栓を抜いて中身が吹き出すかのごとく、大量の緊張層が反応してきました。

緊張の解放が進むにつれ楽になり、カラダが自由になり、お辛さ取れて終了。

 

【マスキング現象】

辛さを我慢した時などに、カラダを広い範囲で緊張層が覆う現象のこと。

覆われることで、既に存在していた緊張層(冷えやストレス、使い疲れによって自律神経が乱れて掛かる緊張層)が自然に抜けにくい状態になります。

 

早く改善するためにマスキング層にアプローチすることは重要ですが、

種類によって見つけにくいことがあります。

 

 

【産後の骨盤ベルトって必要なの?】

人間だけですよね。

 

『元の状態に戻す力』 が正常に働いていれば必要が無い気がしますがいかがでしょうか?

何れにせよ、痛みを感じる使い方は、カラダが拒否しているサインなので避けたほうが良いと思います。


寝返りできない!産後の腰痛

「一ヶ月前に出産したんです。」

「良くなっていた腰が、妊娠したら動けないくらいに痛くなって、」

「出産してからも、歩いて痛いし、仰向けできないし、寝返りができない状態です。」

 

一年半ぶりのご来院。

20代女性。

 

当時、3回詰めてくださり腰痛は改善していました。

ずっと調子よかったみたいですが、

妊娠も出産もストレスがかかりますよね。

 

腕を上げていただくと、

「痛い!びっくりした!普段あげんから気づかんかった。」

Yの字状態になっています。

 

腰は後ろに反ることができない状態。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

  • ストレス系緊張の影響 30%
  • 冷えからの内部の緊張との連動 15%
  • 股関節内側の緊張の影響 30%
  • 肩からの影響 15%

チェック法の反応に沿って順序良く緊張層を相対解除の間接手法を使って解放していきます。

 

動きから、肩の異常な緊張が大きく絡んでいると予測しましたが、

股関節に付帯したマスキング現象とストレス系緊張の堆積が主になっていました。

 

妊娠時に物理的ストレスを我慢することでマスキング現象が多発するのでしょう。

マスキング間のストレス系緊張を解放しながら、時々反応する肩と内部の緊張の影響を解放していきます。

 

確認で、

「わっ。手が上がります。首もない。軽っ!」

「後屈もいくいく。曲がります。」

「少し、腰に残っているくらいです。」

 

再調整で、

「後ろ楽です。」

「ほかも問題ない。軽い!」

 

「先生。骨盤ってどうなんですか?」

ちゃんと整体チェック法でチェックしていますよ。

 

ご出産後で気にされているのでしょうが、

『整体的不調の消失』 は全身整体のうえに成り立っています。

 

部位間は必ず影響し合いますから、部分的な整体って本来は存在しないんですね。

『全身の調和』 = 『骨盤周囲の調和』

ということです。

 

今回はだいぶ緊張層が溜まっていました。

妊娠時、お辛かったでしょう。

妊娠中も座位や仰向けで施術できますので、初回にお渡しする資料に説明があればよかったですね。


喉の固まり感

「最近、くいしばりが酷くなった感じなんです。」

「左耳奥にピキッと神経痛が頻繁に出たり、喉に何か固まりができてしまって。」

「首のあたりも重いです。」

 

30代女性。

 

自営業をしながら子育て中の常連様。

3ヶ月毎のメンテナンスで十分な状態でしたが、環境が変わったからか、少し酷い状態でご来院。

 

病院で問題なければ、喉の固まりは緊張層の堆積でできるよくあるケースでしょう。

肩、首痛、後屈は曲がりにくい。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

予想通り、下腹部内部の緊張の影響が反応。

マスキング層もたくさん反応します。

 

冷えですね。

育児中はゆっくり湯船に入れないと思います。

 

マスキングに合わせて相対解除の手法で解除して確認。

 

「首楽です。背中はまだ固い。」

「あれ?喉の固まり?へってます。」

「飲み込んでも大丈夫。取れるんですね。不思議!」

 

再調整で、背中の固さをとって終了。

 

病気など疾患でなければ、腰痛も首痛も不定愁訴なども自律神経の乱れによる緊張が積もったことで起きています。

自律神経を乱す2大要素は

  • ストレス
  • 冷え(体内の温度差)

なので、

生活習慣の中でこれらに対処できるようになれば、自分で不調を解決できるカラダに変わっていきます。


産後の尾骨の痛み

「尾骨がピキッと痛みます。」

「右に重みがかかった時、寝返りや歩くときです。」

 

20代女性。

2年ぶりのご来院。

生後間もない赤ちゃんとお母様がご一緒です。

 

動いていただくと、尾骨に関しては今は弱い痛み。

後屈で腰痛、全然反れていない状態です。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

左股関節の緊張、恥骨結合の不調和。

冷えによる緊張が強いです。

解除して仰向けを確認。

 

「あ、痛くない。でも左向いた時ゴリゴリいう感じ。」

 

仰向けのまま技をかけます。

確認で、

 

「ちょっと痛みが出てきました。」

 

隠れていた痛みが出てきました。

痛みが強まったり弱まったりしながら、複数回確認と解除を繰り返して、

 

「楽になってきました。」

 

立っていただいて、後屈。

「痛みは消えましたけどまだ硬い。」

 

再調整で、

「あ、曲がる。後ろにいく。」

 

念のため、仰向けの尾骨の確認。

「痛くないです。」

 

今回はほとんどが冷えからくる緊張でした。

かなり多重に積もっていました。

 

まだお湯に浸かる許可が出ていないらしく、靴下の重ね履きをお勧めさせていただきました。

 

2年間に色々変化があったのですね。

ご出産おめでとうございます。


寝違えがだんだん酷く

「3日前に寝違えになって、だんだん酷くなってきました。」

「授乳のとき、下に向けない状態です。」

 

30代女性。

 

上もむけない状態。育児中のストレスでしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

下腹部内部の緊張。冷えとネックレスが反応します。

肋椎関節のズレとマスキングを介したストレス系の緊張が交錯しています。

ネックレスを外していただき、緊張層をを順序良く解除して確認。

 

「うん。少し違ってきた。」

緊張層がかなりの量堆積しているみたいですね。

 

解除と確認を繰り返します。

「あれ?上に向けるようになってきた。」

 

さらに繰り返し微調整します。

「楽です。頭が楽に動く。」

うん。

「ほんと楽になった。」

 

よかった。

育児中のストレスは仕方ない部分はありますが、冷えによる緊張やアクセサリーによる影響は避けることができます。

寝違えはこれで問題ないと思いますが、いままでの慢性痛を考えるともう一回は詰めていただいていたほうが良いかと思います。

 


骨盤痛?育児中の辛さ

「右側ですが、骨盤か股関節かわからないんですけど、お尻の骨が痛いんです。」

「出産をしたのですが、出産前は左、出産後に右に移ったんです。」

 

30代女性。

 

3年ぶりのご来院です。

右の仙腸関節付近の痛み。

仰向け、立位で足を動かすとズキっと痛む。

座位では、かばって重心が偏る状態。

 

育児中はストレスフルですから、その影響でしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

左足首、腰仙関節のズレ、仙骨の不調和を調整。

全身調和させて動きの確認。

 

「痛くなくなりました。」

 

簡単でしたね。

基本手技をセレクトして入れていきます。

「あ、痛みが出ました。」

 

動きの種類によるのでしょうか?

チェック法を使った相対解除を繰り返します。

ほとんどがストレス系の技で対処することになりました。

 

「楽になりました。動かしても痛くないです。」

「楽に座れます。」

 

ご主人ご同伴ですが、横でお子様の元気な声が聞こえる状況での施術。

ストレススイッチが入りやすい状況だったと思います。

 

育児中の継続的なストレスが主の要因なのでしょう。

ストレスが現在進行形なので、この後もまだ痛みが出やすい状況ではあります。

しかし、整体や半身浴などでカラダの緊張を最小限に保っておくと、出る痛みは以前より小さかったり、出にくくなったりと変わっていきます。


育児ストレスと坐骨神経痛

「左のお尻の痛みと、締め付けられるような左足の痛みがあります。」

「最初は腰だけだったのですが。」

「病院ではブロック注射をして腰は少しましになりましたが、足には効かなくて。」

 

30代女性。

足の痛みは内ももからふくらはぎまで出ています。

病院での牽引、治療院での直接マッサージで変化なくご来院。

 

育児中のストレス、刺激による防御反応が予測されます。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからくる内部の緊張とストレス系の緊張層がマスキングを通じて交錯しています。

大量に出るマスキングの解除と確認を繰り返します。

 

複数回繰り返して、

「腰は痛く無くなって、足も楽になってきましたけど、内ももに少し残ります。」

反応的にはストレス系の反応で再度解除を繰り返します。

 

「違和感レベルですが少し内ももに残ります。」

育児中の方に共通な傾向がありますが、常に気にかかる対象がある場合に、どこかに緊張を解かない箇所が残ってしまう場合があります 。

 

「でも、ほとんど楽になりました。」

 

(2回目 5日後)

「前はずっと痛みを感じている状態でしたが、夕方になって痛みが出始めるレベルになりました。」

「出る場所も、スネだけの時もあるし、お尻だけだったり、色々な出かたです。」

「前から比べたら辛さは半分以下です。」

 

ストレス系が大きく関与しているから気まぐれな出かたをしています。

前回同様の施術をしていきます。

 

まだ、大量にマスキングが出てきますが前回より工数少なくお辛さが取れました。

今回も、内ももにわずかに違和感が残りました。

 

チェック法の反応的には今回の施術でほぼ緊張層は取れ切ったと思いますが。

 

「次回は、また痛みが強まってから来ればいいですかね?」

 

ご本人の意識から考えてもこれで一つの区切りになると思います。

心配なのはストレスによる緊張が大きくかかわっているところですね。

 

刺激を入れないことと、冷え取りを頑張っていただけたら、前の様な痛みまでは戻らないと思います。