「 背痛 」一覧

出産後からの背痛と親指の痛み

「背中の痛みが2ヶ月前の出産後から続いています。骨自体が痛い感覚です。」

「かがむときに出やすいです。」

「右親指の3つ目の関節が腱鞘炎みたいに痛いです。」

 

紹介でご来院。20代女性。

骨に異常無く、整形でブロック注射したが変化なかったみたいです。

 

挙上で肩に強いコリ。頭上で首の後ろに痛み。

背中は今は曲げても痛みが無い。

後屈では腰に痛み。

 

整体要因リレーション:

(背中の痛み)

  • ストレス系 50%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 頭の緊張からの影響 20%

(親指の痛み)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • カラダ全体の緊張からの影響 60%

 

背中はストレスの影響が強い。

ストレスに連動して出たり引いたりするのでしょう。

指は冷えによる影響がかかわって疲労が抜けにくくなっている感じです。

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を使って内部の緊張や部位間連動を順序良く解放していきます。

出産時のマスキングも反応しました。関連する緊張層をチェックしながら解放。

 

確認で、

「肩、ぜんぜん取れています。」

前屈は?

「背中の痛みが出てきました。」

後屈?

「あ、反れる。」

親指は?

「あ、全然痛くない!」

 

再調整で、

「背中の痛みの位置が上がってきました。」

 

再調整で、

「今度は、背中の痛みが下がってきました。」

 

再調整で、

「ほぼ取れました。」

 

冷え取りの個人毎の最適値をお伝えして終了。

 

背中の痛みは消えてきましたが、まだ、要因となっている緊張の蓄積が残っていますから、6日以上間隔を開けて表面化するのを待ちます。

 

(2回目 10日後)

「手はだいぶいいです。」

「首と背中は出てきました。抱っこするし。」

「首は後ろではなく横に出ています。」

 

2回目は背中の痛みに関して結構手こずりました。

緊張の解放が進むにしたがって痛みが強まり、痛みの核となるポイントに到達するもマスキング現象も絡んで複雑化していました。

「痛い!骨が痛いって感じ。」

 

マスキングに絡んでいる古いストレス系緊張をチェック法で順序良く解放して確認。

「あ、もう全然。痛くないです。」

 

よかった。

 

この後は、メンテナンスで施術間隔は開けていけます。

 

【緊張の蓄積】

整体的不調はすべて自律神経の乱れから起きる緊張の蓄積で起きております。

緊張の蓄積イメージ

蓄積を解放していく過程で、蓄積パターンが変わってくるので痛みの位置が移動していったり、痛みの強さが変化したりします。

 

本来は、緊張の蓄積は治癒力で解決するはずですが、

  • マスキング現象(広い範囲で緊張層が覆う現象)が解放を妨げる
  • 新たに入る緊張が多い(ストレス、冷え、使い疲れ)

場合には治癒力が追い付かなくなる場合があります。

 

蓄積した古い緊張は整体でどんどん取っていきますが、新たに緊張が入らないように習慣改善も必要です。

育児中は特に心的ストレスが多いですから大変ですね。


妊娠8ヶ月、入院以来の背中の痛み

「腰から背中にかけての痛みが入院以来続いています。」

「仰向けで寝るとすぐ背に痛みが出てきて、起きて歩くと腰から背中が痛くなります。」

「右の股関節の痛みも数日前から出ています。」

 

妊娠8ヶ月 40代女性。

 

5年前からの常連様で、お疲れリセットのために3ヶ月間隔で通ってくださっています。

今回は妊娠されてから2回目の施術。

数週間前に体調の関係で入院されて、それ以来背中の強い痛みが付いてしまったみたいです。

 

整体要因リレーション:

(背中~腰痛)

  • 内部の緊張との連動 60%
  • ストレス系緊張 20%
  • 股関節の緊張からの影響 15%

(右股関節痛)

  • 内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系緊張 20%
  • 肩の緊張からの影響 15%
  • 股関節内側の緊張からの影響 15%
  • 腰の緊張からの影響 10%

内部の緊張との連動は整体チェック法ではストレスが反応しています。

ストレスが主要因の痛みみたいです。

 

まず、座位で施術をおこないます。

整体チェック法でチェックしながら、内部の緊張連動、ストレス系、部位間連動を相対解除の間接手法を使って解放していきます。

 

確認で、

「股関節楽になっています。まだ左に比べると少し違和感があります。」

「仰向けで腰に痛みがまだ出ます。」

 

座位で再調整。

「股関節大丈夫です。」

しばらく仰向けになっていただきます。

「腰の真ん中に少し痛みが出てきました。」

 

仰向けで関連の緊張を解放させて今度は歩いていただきます。

「歩くと腰に出てきます。」

 

仰向けで再調整。経時確認も兼ねてそのまま仰向けを続けていただきます。

 

時折整体チェック法に反応が出てきます。

反応する緊張層を解放させながら、確認のため仰向けの状態を続けます。

 

整体チェック法が反応しなくなりました。

「背中何ともないです。」

 

起きて歩いていただいて、歩きの確認で、

「大丈夫です。楽になりました。」

 

「入院がしんどくて、なかなか退院させてくれなかったから。」

入院時のストレスもかかわっていたと思います。しかし、定期的なメンテナンスをおこなっていただけていたので、簡単にお辛さが取れていきました。

 

赤ちゃん楽しみですね。


首から背、脇にかけての強い痛み

「長いこと続いているんですけど、首から肩甲骨の間、そして、脇にかけて痛みが出たままなんです。」

「昨日は左の肘から先にも普通じゃない痛みが出て、今は左腕は弱まっています。」

 

5ヶ月前、奥様のご紹介で尾骨痛でお越しくださった30代男性。

今度は違う箇所にお辛さがでています。

 

動いていただくと、腕が突っ張って上に挙げにくい、頭を動かすと上向きや横に倒すとき首肩に強い痛み。

頭を動かすときの痛みの出方が、使い疲れ的でなく不自然な出方です。

医療で異常無いので、ストレス系がかかわっていそうです。

 

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

要因リレーションは80%ストレス系緊張層が反応します。

 

マスキングなどで複雑化しています。

間接手法の自律神経系の技を使い一つずつ解放して確認。

 

「手が挙げやすい。」

「でも、痛みは首から脇まで強く残っています。」

 

具体的ストレス事象と緊張層との連動が強いケースです。

ご本人に協力してもらいながらおこなう、ストレス系の相対解除の手法をかけていきます。

 

「脇が減ってきました。」

「頭を動かすと痛みが残っています。」

 

あとは量の問題ですね。

再調整で、

 

「ぐっと痛みが減りました。」

 

最終、全体の痛みが消えた状態で終了。

ストレスのかかわりが強かったので、まだ出てくる可能性はありますが、術前のような出方にはならないと思います。

 

【ストレス痛】

ストレスにより自律神経が乱れて内臓や筋肉(筋膜)に緊張がかかります。

特に自律神経が乱れやすいストレス要因は、

  • 責任感
  • 感情の抑圧

と、施術を通じて感じています。

 

日常の慣れた事象であっても、責任感を感じているとカラダのどこかに緊張が入ったりするわけです。

複数の事象が重なると、緊張の蓄積現象が起きて、そのことが終わっても緊張が抜けにくい状態になる場合があるわけです。

 

ストレス痛のお客様は、年末などに増える傾向があります。


バットを振る時の背中の痛み

「中3のころから、カラダをひねった時の腰の痛みが続いています。」

「朝起きた時も辛いです。」

 

動いていただくと、前屈、後屈、ひねりで背中に近い箇所に痛み。

右肩も壊してられて、鎖骨側に痛みがあります。

 

肩も腰も病院でリハビリ中。MRIでは異状なし。

高校1年生 男子。

野球繋がりのご紹介でのご来院です。

 

野球をされている方に良くあるタイプのお辛さですね。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

整体要因リレーション:

(背中)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系緊張の影響 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%

(肩)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系緊張の影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%
  • 肩自体の問題 10%

内部の緊張は、よくある冷え(体内の温度差)による緊張の蓄積です。

マスキングに合わせて、相対解除の間接手法を使い内部との緊張連動、ストレス系、部位間連動を解放させていきます。

 

頸部、腰部の椎間のズレがあります。

調和を確認して、動きの確認。

 

「腰はだいぶ取れています。後ろに反るとまだ痛い。」

「肩も変わってきた。まだ痛いです。」

 

再調整で、

「肩取れました。痛くない。」

「左にひねるときに痛みが出ます。後ろは消えました。」

 

緊張層の蓄積が減るに合わせて痛みが軽減。

緊張層を取ると、下の緊張層が現われるので痛みの出方は変化していきます。

 

最終、ひねりの痛みが10分の3残って、他は痛みが消えた状態で終了。

冷え取りの最適値をお伝えして終了しました。

 

(2回目 一週間後)

「肩の痛みは再発していないです。」

「腰もすごい楽で、バットの素振りで少し痛みが出ますけど、以前よりかなり楽です。」

 

経過良好。よかった。

同様の施術で、ひねりの痛みも無くなり終了しました。

 

 

【痛みの慢性化】

いつまでも取れないお辛さ。

病院で異常無ければ、傷などと同じで何日かで自然治癒するはずです。

 

リハビリしても変化なし。

なぜいつまでも続いてしまうのか?

生活習慣からくる自律神経の乱れが関わってしまうことで慢性痛に切り替わっている事が多いと施術を通じて感じています。

 

きっかけは、過度の練習だったりするわけですが、

生活習慣からの緊張の蓄積を持っていると、痛めた箇所にその影響がかかりやすくなるわけです。

それがかかることで常に緊張が入りっぱなしの状態になるわけです。

 

生活習慣からの自律神経の乱れは、運動パフォーマンスにも影響を与えますから、お辛さが出にくくなってからも冷え取りなどは継続されると良いです。


立ち仕事を襲う足底痛

「去年7月、両足のつま先から痺れが始まって。」

「それが、ふくらはぎから太ももの裏まで広がってきました。」

「こんどは、土踏まずにも痛みが出てきて、刺すような痛みが入ることもあります。」

 

「今年になってからは背中が張り出して、肩首、腰、右腕の順に広がっていきました。」

40代男性。

 

病院では異常が無く、厨房の立ち仕事で困ってられます。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

整体的要因リレーション:

【足底、足】

  • 下腹部内部の緊張との連動 50%
  • ストレス系緊張 15%
  • 胸の緊張からの影響 20%
  • 太ももの緊張からの影響 10%

【背中から腕】

  • 下腹部内部の緊張との連動 55%
  • ストレス系緊張 10%
  • 股関節の緊張からの影響 15%
  • 筋骨格系の要因 10%

目立つのは下腹部内部の緊張の影響。

これは、体内の温度差によって自律神経が乱れてカラダ内部に緊張が蓄積していくと言われています。

 

チェック法でサーチすると、ストレス系マスキングが蓋をして、各部位の緊張を解放しにくくしています。

マスキングを解放。

その奥に蓄積された下腹部内部の緊張の解放を相対解除の間接手法を使って繰り返しおこないます。

他部位とのリレーションも解除して確認。

 

「足に、むちゃくちゃ血液が流れた感じがします。」

「楽です。忘れていた感覚ですよ!」

 

よかった。

土踏まずと肩に少し残っていたので再調整をおこない辛さ無くなり終了。

 

(2回目 2週間後)

「突き刺す痛みは出ませんでした。」

「次の日に肩とふくらはぎがパンパンに張りましたが、治まってきました。」

「踵に痛みがでてきたり、つま先痺れが出てきて、腰が1週間前から少し痛み始めました。」

 

同様の施術でお辛さ無くなり終了。

 

(3回目 1週間後)

「施術の後、駅に着いた頃、ふくらはぎがパンパンに張ってきて、3日後には足裏がジンジンと今まで無かった痛みが出てきました。」

「でも、次の日にはぴたっと痛みが消えて、痺れ感も全く無くなりました。」

 

「痛みが無くなった後、カラダが本当に真っ直ぐの感覚になりました。」

 

治癒力がうまく働きだしました。

まだ奥に潜んでいた緊張層を治癒力が引き出してきて、それを、治癒力が処理したことになります。

 

今日の施術が必要無いくらい良い経過です。

 

整体的不調は、治癒力が負けるレベルまで負の要素が蓄積してしまっているだけなんですね。

  • 自律神経の乱れから起きる不要な緊張を取り除く
  • 生活習慣の改善を行う

この2点をおこなうだけで、治癒力が優位になれば、辛くなっても自分で戻せるカラダに近づいていきます。


眠れない背中の痛み

「役員をしていて、10日前に重いものを一人で動かしたんです。」

「その時は良かったのですけど、次の日に背中に痛みが出てきて。」

「横になったら痛くて眠れない。息を吸った時も違和感がでます。」

「こんなことなったの初めてなんです。」

 

産後のメンテナンスでご利用以来、5年ぶりのご来院です。

40代女性。

 

当時の会員カードも保管してくださっていました。

ありがとうございます。

 

動いていただくとさほどではないのですが、

息を吸ったときは右のわき腹。

横になった時は右肩甲骨の下部に痛みが出ます。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

仙骨と左右腸骨の不調和、ストレス系の緊張が覆っています。

重いものを担いだ負荷による歪がそのまま残っているかのようです。

 

マスキングに合わせて冷えからの緊張も解除して確認。

 

「仰向けでまだ痛いです。」

 

再チェックで、まだマスキング層が出てきます。

解除して確認。

 

「少し引いてきました。」

 

思ったより根深いです。

こんどは、仰向けのまま解除を繰り返していきます。

 

「痛みが消えてきました。」

「良くなっています。」

 

「右を下にして寝てみていいですか。」

「痛くない!右を下にできなかったので、全然違います。」

 

右を下?そうだったんですね。

痛み無くなってよかった。

 

5年前とは手技が大きく変わっていますから、しきりと感心されていました。

 

今回、ズレが戻らなかった主因はストレス系の緊張ですが、慢性的に冷えの緊張が支配していて、お身体に余裕がなくなっていたと思われます。

冷え取りを予防としてがんばりましょう。


肩甲骨が痛くて3hで目が覚める

「おひさしぶりです。」

お仕事休みなのかな?

「一年前に仕事のストレスから過呼吸になって、今休職しているんです。」

 

20代女性。

大学生の時にアゴの不調とカラダの歪みでご来院。

県外に就職されてからご来院が空いていました。

 

「過呼吸の時は仕事中に救急車で運ばれて、...。」

「だいぶ良くなったんですけど、肩甲骨回りや背中が痛くて、3hも寝ると目が覚めてしまうんです。」

 

まだまだじゃないですか。

ご遠方ではありますけど、もっと早くご来院くだされば...。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

予想通り、緊張層が大量に積もった良くあるケースです。

大半はストレス系の緊張層で、冷えの影響もあります。

順序良く解除。

 

確認で、

「肩が軽い!」

「でも、まだ痛みがある。」

 

動きの確認をしながら、解除と確認を繰り返します。

「楽になってきました。」

「痛み無いです。」

 

仰向けでも痛みがないことを確認しました。

「眠れるようになりますかねえ?」

 

はい。 あっ! そうか。

 

最初のご来院が4年前。

今と技の内容が違っています。

当時、自律神経の理論やそれに則した技を使っていることを十分説明できていなかったですね。

 

技の内容や自律神経の特性の説明を聞いていただくと、

「もっと早く来ればよかったー。」

 

ですね。

過呼吸自体が起きていなかったかもしれませんね。


かかとは改善、今日は背中

ブログ 「 消防士さんの足底の痛み 」 の20代消防士さん。

3ヶ月ぶりのご来院です。

 

前回は、足底(かかと部分)の痛みと背中の痛みで、双方痛み無くなり終了。

今回は、

「足はあの後何ともないです。昨日くらいから背中の痛みが出てきて。」

 

足底(かかと)の痛みは一回の施術で改善ですね。

よかった。

 

背中の痛みは前回と同様の出方で背中全体。

後屈と挙上で痛みます。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

マスキングに合わせて使い疲れとストレスの緊張層が反応します。

解除して確認。

「楽です。もう少しここが。」

再調整で、

「楽です。大丈夫です。」

 

短時間で、簡単にとれました。

マスキングがかかっていたので、治癒力で戻りにくい状態だったと思います。

 

消防士さんなので、普段の鍛錬のお疲れでしょうね。

また、しばらく大丈夫だと思います。

 

今回は冷え障害の反応もなく、それで足底の痛みは再発していなかったのでしょう。

冷えに気をつけてくださったのでしょう。

お仕事がんばってください。


美容師さん、背中から腕の辛さ

「シャンプーの時に肩甲骨が痛むようになって、それから、肩から腕へと痛みが広がっていきました。」

「背中の違和感が強くて、ドライヤーだけで腕がだるくなる状態です。」

 

美容師をされている40代男性。

 

一ヶ月前かららしく、腰や首の痛みもあります。

背中は後ろに反ると痛みが強くなりますが、立ったままでも違和感を感じる状態。

20年近く美容師をされていますが、なにが影響したのでしょう?

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからの下腹部カラダ内部の緊張がベースにあり、背面全体の緊張へ連動しています。

背骨3ケ所、肩甲骨のズレ、マスキングの解除を行い確認。

 

「ドライヤーの動きをしても腕がだるくありません。」

「シャンプーの姿勢も大丈夫です。」

「でも、首と背中は痛い。」

 

弱くはなっているのですが、後ろに反っていただくとまだ痛みます。

解除と確認を繰り返します。

「最初を10とすると6くらいまで減っていますが、まだ痛みます。」

 

チェック法の反応は消えてきたのでその日は終了。

自律神経が嫌う何らかの不自然な刺激で、カラダの防御反応が強く出ている状態です。

カラダに刺激を入れたり、痛みを感じる動きをしないこと。冷え対策で半身浴の条件をお伝えして終了。

 

(2回目 2週間後)

「ドライヤーは全然大丈夫です。なにより、背中の違和感が減って楽でした。」

「シャンプーの時にまだ背中に違和感を感じます。」

 

動きの確認をしていただくと、後屈で前回残っていた首の痛みは自然に消失し、背中の痛みもわずかになっていました。

前回同様の施術で痛み無くなり終了。

 

「筋トレはいつから再開したらいいでしょうか?」

「付き合いで、揉む整体に行かないといけないのですけど、大丈夫ですかねえ?」

 

カラダの防御反応の原因はそのあたりでしょうか?

しかし、冷え障害が潜在的にあったと思われます。

冷え取りを習慣にして、おカラダのパフォーマンスアップをしていきましょう。


耳のつまり感と右半身の辛さ

「3年前に突発性難聴になって、聴力は戻っているって言われるんですけど、右耳がずっと詰まった感じなんです。」

「右側の頭から首から背中まで辛くて、それも3年前からです。」

「だんだん酷くなってて。」

 

30代男性。

 

大学病院で異常無く、アジャスト系カイロプラクティック、鍼で変化なくご来院。

顎関節症などでよく見られる緊張と似ていますがどうでしょうか。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

まず、要因チェックを耳の詰まりから始めます。

意外にも外部要因だけが反応します。

右半身上部の緊張も外部要因が反応しています。

 

外部要因の入る箇所をサーチしていくと耳が反応。

めがね?いや。

 

職場で騒音とかありますか?

「はい。耳栓をして仕事していますけど。」

 

これかもしれません。

緊張の種類はストレス系。カラダ内部との緊張の連動はありません。

緊張消去法をかけて確認。

 

「耳のつまりが取れています。」

「肩の状態も変わっている。でも、まだ重いし、首がきつい。」

 

再チェックでマスキングが反応してきました。

これが治癒力を妨げている一つの要因でしょう。

解除して確認。

「重さが無くなってきました。」

「まだ、首がつっぱります。」

 

バランスが反応するので、バランス調整をして確認。

「明らかに変わった。どこに行っても変わらんかったのに。」

「耳も良く聞こえる。」

 

今日の施術は完了です。でも、騒音が原因であれば、仕事に戻ると...。

「実は来月から違う会社なんです。今の会社は有給消化にしていますから。」

「次の会社までに治してしまいたいと思って岡山まで来ました。」

 

よかった。

なら、この一回の施術で大丈夫だと思います。

 

音のストレスの影響は何点か施術していますが、こんな出かたもあるんですね。

今回はシンプルで簡単なケースでした。