「 動画で見る顎関節症の改善 」一覧

朝、口が開きにくいし痛む

「5日前から、朝、口が開きにくくて、右ほほが痛むんです。」

「腰も痛くて、生理の前は頭痛もあります。」

 

30代女性。

アゴは良くあるケース。腰は強い痛みではなく、座った時、腰回りが落ち着かない感じらしいです。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

右アゴが痛く、そろりと開けられていますが、関節円盤のズレは少なく開口はできています。

開口バランスは課題ですが、簡単なケースではないでしょうか。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えによるカラダ内部の緊張が腰、肩、アゴに影響を与えています。

マスキングに合わせて、内部からの影響を相対解除していきます。

ストレスの影響も無視できない量あります。

 

解除して確認。

初回施術後

痛みは無くなりました。まだバランスに課題が残っています。

腰、肩の痛みは無くなり、座って落ち着かない感じも無くなり終了。

 

(2回目 一週間後)

「顎の痛みは戻ったりましになったりです。」

「あと、右お尻から下に坐骨神経痛が出てきました。去年末出ていたのと同じです。」

「片頭痛は今回軽かったです。」

2回目施術前

アゴは戻っていますね。

施術の経過に合わせて古い症状が出てくることは良くあります。

根本対策せずに痛みが消えた場合、痛みを感じない状態になっているだけで、奥に眠っていているわけです。

 

今回は坐骨神経痛が出てきて、それに連動して顎の不調も戻ってきました。

カラダとアゴが連動していることがよくわかります。

2回目施術後

坐骨神経痛、アゴの痛みは無くなりました。

アゴもバランスや開けやすさも向上しました。

 

(3回目 一週間後)

「大きく開いたときに少し痛いくらいです。」

「開けやすくなりました。」

「坐骨神経痛や腰の落ち着かない感じも全然なくなりました。」

3回目施術前

楽に開いています。バランスもまずまずですね。

3回目施術後

痛み無く、楽に開口。バランスも改善しました。

 

今回、簡単なケースと思っていましたが、落ち着くまでに回数がかかってしまいました。

おカラダに積もり積もったものがあったので、それが解決しないとアゴの安定はないわけです。

 

カラダ全体で影響し合うので、腰を中心に全体を整えないとアゴは整いません。

アゴからカラダへの影響もありますが、これは、アゴに不調が出た後の話でしょうね。

顎の痛みと開け辛さ

「一週間くらい前から右アゴに痛みが出て、右で噛んだ時に痛みます。」

「開けづらいし、肩や腰も痛みます。」

 

20代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

関節円盤のズレと緊張で開きにくくなっているのでしょう。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

まず、指輪と複数のピアスの一つが反応。

緊張の要因になっているので反応したものだけ外していただきます。

 

リレーションをとっていくと、今回は、冷えとアクセサリによる下腹部内部の緊張の影響が出ているケースみたいです。

肩と腰にもその影響があります。

 

解除と確認を繰り返して、開口を確保。

ガムを噛んでいただく確認で、

 

「少し噛んだ時の痛みが残っている。」

「けど、最初と全然違う。すごい。」

初回施術後

噛む痛みは少し残りましたが、肩も腰も楽になり終了。

 

(2回目 一か月後)

「顎の痛みは無くなりました。」

「今日は膝が痛い。階段をたくさん上ったので。」

2回目施術前

前回から間が空いたので、少し関節円盤がズレてきているかもしれません。

少しだけずらしながら開けてられます。

でも、開口は悪くないです。

 

同様の施術で、おカラダの痛みとアゴのバランスをとって終了。

2回目施術後

左アゴに音が残りましたが、バランスよくなりました。

施術では、アゴやおカラダに圧をかけたりマッサージなどは一切行っておりません。

 

冷え取りやアクセサリに気を付けて、時々おカラダをリセットすれば、さらに安定していくでしょう。

アゴが左へ引っ張られる、胸・肩に痛みも

「左アゴに引っかかりと突っ張りと痛みがあって、下アゴが左に引っ張られます。」

「アゴから首、胸まで痺れがあり、そして、肩甲骨側にも痛みやビリビリ感があります。」

 

北海道札幌市より、鳥取帰省を利用して岡山までご来院。30代女性。

北海道で私のホームページを見つけてくださいましてありがとうございます。
(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

左にやや引っ張られていますが、大きくはありません。

「口を閉じた状態でも引っかかりや引っ張り感を感じるんです。」

関節円盤のズレもあると思われますが、アゴから胸、アゴから肩甲骨へ入っている緊張層全体の問題でしょう。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからくる影響、ストレスからくる影響、使い疲れなどをマスキングに合わせて解除していきます。

 

よくある簡単なケースと思っていたのですが、量的に多いだけでなく、強いストレスと防御反応があります。

解除のたびに変化して、お辛さの範囲が狭まってきましたが芯に強いものが残る。

 

芯に残っているのはストレス系ですね。

  • 治療の経緯
  • お辛さ発生の経緯

を再度細かくヒアリングしながら、マスキングとストレス系解除を順序良く行っていきます。

 

「9ヶ月前に肩と首の辛さが出たのが最初です。整形受診して、首の牽引が辛かった。」

「7ヶ月前から虫歯の治療に入って、口を開ける辛さを我慢しながら受けていたら、その時から左アゴの引っ張られや引っかかりを感じるようになってきました。」

「悪くなる一方なのにどこ行ってもよくならなかった。」

 

ヒアリングを元にポイントを特定していくと、整体チェック法に反応が次々に出てきました。

解除して確認。

 

「アゴの違和感が無くなってきた。抜けた感じです。」

「左肩は痛みが無くなってきましたが、引っ張られる感じでがあって左肩が持ち上がる感じです。」

 

「あと、体調不良で職場を休んでいた時期がありました。」

「最終手段でペインクリニックを受けたこともあります。」

 

大きな変化を感じてくれて、さらにお辛さを抱えられていたころのことを教えてくださいました。

チェックと解除を行って確認。

 

「なんかだいぶ取れた感じ、全体的にとれたけど、肩をかっちり押さえられているような感じがまだ残っています。」

「あ、アゴに違和感が少しでてきました。」

 

一旦お辛さが無くなった箇所に復活してくるのは、深層の緊張層が出てくる場合と、要因が現在進行形で再び脳が緊張を入れてくる場合のどちらかです。

 

現在進行形のストレスと判断して、足湯をしながらの説明に入りました。

初回施術後

ここで施術後のビデオを撮って確認しました。

違和感残っていますが、開口はだいぶ真っ直ぐになっています。

 

説明終了後、全身のお辛さを確認していただくと。

「あれ、取れています。アゴも肩も違和感ないです!」

 

これは、一時的に足湯で自律神経が整って変化しているということで、まだ出てくる可能性はありますが、変化の仕方からストレスに連動した緊張が残っていたことは間違いなさそうです。

 

(2回目 翌日)

「アゴは両側が同じレベルで少し緊張している感じです。」

「肩にも硬さがあって、左肩甲骨上部に痛みの中心がある感じです。」

「全体で、辛さの量は減っています。」

2回目施術前

硬さが出てきているけど、開口は真っ直ぐでまずまずです。

今回はストレス系の解除に終始しました。

最終、

「左肩甲骨上部につっぱりが残りましたが、辛さは取れています。」

 

時間も無くなり、今日はここまでとしました。

 

カラダは自律神経によって管理され守られています。

辛い治療を受けていると、脳はその箇所を守ろうとして緊張を入れてきます。

それが何度も続くと、脳が緊張を解かなくなってしまいます。

悪化する場合は合っていない可能性があるので、お医者様とよく相談されたほうが良いと思います。

 

足湯や半身浴がストレスに対して有効なことはあまり知られていません。

冷え取りでおカラダの機能を向上してきて、ストレスの耐容量が増えてくるからです。

 

カラダに不要な刺激を入れないことと、適切な条件で冷え取りを行えば、あとは、治癒力が解決してくれるでしょう。

下向き作業で首痛!アゴも引っかかる

「アゴの不調は中学からなんですけど、仕事を始めてから口が引っかかって開きにくくなって。」

「3年前から工場勤務をしてます。」

「下をずっと向いたままなので、肩と首の痛みがひどいんです。」

 

「マウスピースも試しましたけど余計にひどくなって...。」

津山市 20代女性。
(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

口が途中で引っかかり、無理をすると音が鳴って大きく開きます。

動いていただくと、

挙上は、

「すっとあがらないです。」

頭を動かすと、

「痛ったい! です。首が。」

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

リレーションをとると、アゴの不調は首の緊張の影響を強く受けています。

首の痛みは、使い疲れだけでなく冷えからのカラダ内部の緊張との連動がかかりきつくなっています。

 

良くあるパターンです。

マスキングに合わせてそれらを解除して確認。

 

挙上は、

「うわっすごい。全然痛くないんですけど。 なんで?」

頭を動かすと、

「動きます。ギシギシが無くなっています。 すげっ。」

アゴは、

「さっきより開きやすいけどまだ引っかかっています。」

 

後は、微調整と確認を繰り返して、

初回施術後

引っかかりにくくなりましたが、まだぎこちないです。

(施術で、カラダにマッサージや強い圧力を加えることは一切行っておりません。)

 

(2回目 一週間後)

「肩こりがびっくりするくらいに楽で、首も気にならないです。」

「アゴもガクンとならない。」

2回目施術前

前回の術後を維持しています。音をなんとかしてあげたいですね。

肩首の痛みも強い悩みだったので、一週間維持しててよかったです。

 

アゴのガクガクは10代からで、不自然な顎関節周辺の分散を感じたため、今回は、アゴには開閉法を入れました。

開閉法を入れるのは久しぶりです。

 

確認で、

「全く違和感がない!」

2回目施術後

音も消えて、だいぶ整いました。

よかった。

 

下向き姿勢による首痛や肩の痛み。

「常に下向きだからしかたない。」と考えがちですが、

本来、人間には順応性がありますから、体力的に向上したり、使い疲れはちゃんと寝れば取れるはずです。

今回の肩首の慢性痛の原因は、冷え障害によるカラダ内部の緊張の影響が肩首にかかって起きていました。

 

半身浴をしっかりされれば、次回はメンテナンスで十分です。

一か月後のご予約をいただけました。

まぶたが重くて、頭がボーッとする

「まぶたが重くて、頭がボーッとして、疲れやすいです。」

「肩こりや腰痛もあって、時々、頭痛もあります。」

 

ブログ 「 マウスピースの弊害? 」 の鳥取県K.I様。

しばらく良かったみたいです。一年ぶりのご来院です。

 

良くあるタイプのお辛さの出方ですが、

アゴの状態は?
(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
一年後、施術前

「ミシミシ言っている。」と言われていましたが、開口は十分で、まだ影響少なくよかったです。

 

動きの確認で手をあげていただくと、カクカクカクという感じで上がります。

お辛くないですか?

「大丈夫です。」

腰は?

「後屈でピリッときて重いです。」

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

予想通り、冷えによる下腹部内部の緊張。

ストレス系の反応もあります。

マスキングに合わせて解除して確認。

 

「頭がすっきりしてきています。」

「肩!軽ーい!こんなに楽に上がるなんて。」

「腰もいい感じです。」

 

まだ残っている違和感に技を入れて、

「すっきり、楽になりました。」

「アゴもスムーズです。」

 

夏には動けなくなることもあったらしいですが、

もっと早くお越しくだされば、女性は我慢強いですね。

 

今回、簡単なケースでしたが、

3ヶ月に一回くらいを目安にメンテナンスされるとずっと快適な状態を維持できると思いますよ。

 

半身浴も忘れないでください。