「 ぎっくり腰 」一覧

いつもはやらない中腰作業の次の日に強い腰痛

いつもはやらない中腰作業。

腰に来ますね。私も経験があります。

しかし、施術を通じてわかるのは今回の中腰作業だけが問題ではなかったのです。

いつもはやらない中腰作業の次の日に強い腰痛 40代男性

「3日前、いつもはやらない中腰でのシール貼りの作業をしました。」

「その次の日の仕事中、重いものを持った時に、これはだめだと感じて。」

 

お客様である奥様のご紹介。

50代男性。

 

院のテーブル沿いに手を着いてカラダを支えながら歩かれます。

手放しでは歩きにくい、ぎっくり腰様な腰痛です。

痛みの中心は腰仙関節あたりに感じられています。

改善経過

初回施術

横になったり起きたりが難しそうなので座位で技をかけます。

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法で緊張の蓄積を解放していきます。

マスキングに紐付く内部の緊張や部位間の連動を解放させて、

まずは、座ったまま足を上に動かす確認。

 

「さっきより楽に動かせます。」

 

立っていただくと、

まだすんなりは立てない。

椅子の背もたれに腕をかけて体勢を横向きで何とか立てた状態。

 

まだまだです。

再度、調整を進めて、立っていただくと、

まだすんなりは立てないが少し早くなってきている。

前屈は、

「すこし曲げられるようになりました。」

後屈は、

「痛い!難しいです。」

 

調整を繰り返し、最終、

  • すんなりは立てないが最初より楽に早く立てる
  • 前屈は少し楽
  • 後屈はまだ痛い
  • 歩くのは痛み無く掴まらずに歩ける

状態で終了。

2回目 9日後

「だいぶ歩けるようになりました。」

「腰の奥に突っ張るようなしこりが残っているような感覚です。」

ドアを開けて入って座るまで普通の動作になってられます。

よかったです。

 

今回はうつ伏せ施術。同様の施術で違和感なくなり、前屈も後屈も問題なくなり終了。

施術ポイント

整体チェック法で要因リレーションの確認:

(腰痛)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 25%
  • ストレスがかかわる緊張 20%
  • 首の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%
  • 鎖骨周囲の緊張との連動 15%

ストレスマスキングの影響もありました。

1年間隔くらいでぎっくり腰を繰り返されていた

痛みなど整体的不調は緊張の蓄積が許容範囲を超えて起きています。

ベースとしては、冷え(体内の温度差)とストレスによる蓄積が半々で、潜在的にカラダに蓄積していたと思われます。

普段からカラダの容量に余裕が無い状態になっていたところへ今回の中腰と重いものを持つことが許容範囲を超える引き金になったと施術経緯から考えられます。

整体所感

きっかけが、中腰作業であることと、次の日に重いものを持ったタイミングなので、その時の姿勢などを原因として論じることが良くあります。

しかし、整体チェック法で緊張を解放していった経緯からは、冷えやストレスの影響が主でそちらに目を向ける必要があることがわかります。

1年ごとにぎっくり腰を繰り返していたのも、それらがカラダの許容範囲を常に占有していたためなのです。

不要な緊張を蓄積させないために、冷え(温度差)対策などを習慣にしておくと、ぎっくり腰は繰り返しにくくなるのです。

これは、習慣改善に取り組まれたお客様を通じて感じていることです。

 

冷え取りは個人毎の最適条件がありますから、それに気を付けることも大切です。


荷物を降ろすときにぎっくり

「何年かぶりにぎっくり腰になりました。」

「3日前、荷物を持って降ろすときにグキッとなりました。」

「ほかには腕が上がりにくくて、首がまわりにくいです。」

 

病院で異常無くご来院。

50代男性。

 

痛み止めで痛みは少なくなっていますが、仕事には差し支える状態で上司のご紹介です。

 

動きでは、腰の可動域が少ない。

腕を上げていただくと水平で止まってしまいます。

 

整体要因リレーション:

(腰痛)

  • 内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系緊張 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 15%

(肩甲骨の機能障害)

  • 内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系緊張 20%
  • 肩自体の蓄積 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

良くあるタイプの緊張連動で、肩も腰も同時に改善しないと安定しません。

 

整体チェック法でチェックしながら、部位の緊張や部位間の連動を相対解除の間接手法を使って解放していきます。

怪我のマスキングもかかわっていて蓄積も多いです。

 

チェック法の反応が消えて動作の確認。

手をあげていただくと、

「腕が上がってきた。」

 

頭を動かすと、

「首の突っ張りが消えてきました。」

 

前屈と後屈、

「楽じゃ。」

「何これ?」

 

再調整を数回繰り返し、挙上の可動域と前屈・後屈の可動域が徐々に増えて楽になり終了。

 

腰よりは肩のほうに課題が残っている感じです。

 

(2回目 2日後)

「薬はもう飲んでいません。コルセットも着けなくてよくなりました。」

「腰は突っ張り感と、ちょっと動作で不安定な感じがでてきました。」

 

動きの確認では、腕の挙上は少しもどって45度くらいの角度ですが初回ほどではないです。

同様の施術で楽になって、可動域もさらに増えて終了。

 

【部位の連動現象】

整体の範疇の不調すべてに共通なのは、緊張の連動現象が必ず起きているということ。

 

これは、筋膜によって全身が包まれているからです。

したがって、痛みを感じている箇所だけにアプローチしても意味が無いわけです。

 

緊張の連動現象で一番多いのは、内臓系との緊張連動です。

内臓も筋膜で全身と繋がっているからです。

 

つまり、内部との緊張連動を解放させる技術はカラダを整える上でとても大切になります。


悪化した腰痛

「昨日の昼、落ちたタオルを拾おうとしてバキッとなりました。」

 

紹介でご来院。30代男性。

やっと動けている状態で、タクシーでご来院くださいました。

防御反応がかなり働いていると思われます。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

横になっても足を曲げていなければいけない状態なので、まず、座ったまま施術を開始します。

 

整体要因リレーション:

  1. 冷えからの内部の緊張との連動
  2. 防御反応

がチェック法で反応。

元々は、1の要因で起きている腰痛と思われますが、昨日、治療院で痛い箇所をぐいぐい揉まれて悪化したらしく、その影響が防御反応として反応しています。

 

マスキングをチェックしながら緊張層を解放。

立っていただきます。

 

「少しましになったかな?」

 

仰向けになれそうなので、仰向けで足を伸ばしていただきます。

 

「伸ばせます。前より良い。」

 

今度は仰向けで施術を繰り返します。

 

「起きるときまだ響きます。他はましになりました。」

 

 

防御反応がきついので、足湯をしながらの説明を先に行いました。

説明の後、再度技をかけます。

 

「あ、動けるようになってきました。」

 

(2回目 4日後)

「右の腰に残っています。」

「今日は自分で運転してきました。」

「降りるときにちょっとビリッときます。」

 

動作を変えるときにまだ痛む感じですが、動きは前回と全然違っています。

 

今回も同様の施術。

基本的な動作の確認と、ご本人独自のストレッチ的な動きを試されて、

「あ、この動きができる!」

 

よかったです。

古い緊張層はだいぶ減ったと思いますので、

今まで通り冷え取りを続けていただければ、この後はメンテナンス間隔で問題ないと思います。

 

ご紹介もいただきました。

ありがとうございます。


1年ぶりのギックリ腰

「ぎっくり腰になりました。」

「カードの日付を見たらちょうど1年経ってた。」

 

ブログ 「 接客業務の腰痛 」の30代女性。

 

「昨日、腰を曲げた時にギクッとなったんです。」

「歩けなくなるレベルではなかったのでそのまま続けたのですが、だんだん腰が曲がってくるんです。」

「今朝、起き上がるのが辛くて。」

 

後ろにも前にも痛くて曲がらない。

座位で膝も上がりません。

うつ伏せが辛いので座位で施術を行います。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

マスキングがたくさん出てきます。

腰椎2番3番、恥骨結合の調整。

カラダ内部の緊張が反応。冷えとストレスによるものです。

 

順序良く解除して、座位のまま膝を上げていただく確認。

「膝が上げやすくなっています...うっ痛い。」

 

このまま再調整して座位で確認。

「あ、上げやすい楽です。」

 

立ってみていただいて、

「後ろ楽です。前屈....。」

「曲げられます。」

 

歩いていただくと、

「腰にこわばりをまだ感じます。」

 

再調整をおこない確認。

「さっきより動かしやすいです。」

 

うつ伏せと仰向けでの痛みも確認して、

「動ける!腰を浮かせられなかったのに。」

「スムーズです。」

 

楽になっていただき終了。

 

今回も冷えとストレスですよ。

「あ、お風呂に浸かってなかった。」

 

それで1年持ったのなら、ちょっと気を付けるだけでもっと良い状態になりますよ。

 

 


冷えと痛み

「2日前に教科書を拾おうとしてぎっくり腰になりました。」

お父様の紹介でご来院。10代女性。

 

ご来院時は動ける状態になっていました。

動いていただくと、後屈で腰が不安定な怖い感じになるみたいです。

簡単なケースですね。

 

「いつも肩こりが酷くて、日によって痛むんです。」

肩の慢性痛も一緒に解決していきましょう。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

腰に関しては、下腹部カラダ内部の緊張の影響と仙腸関節のズレ、そして、肩からの緊張リレーションが反応してきます。

 

肩は、少し違う箇所の下腹部カラダ内部の緊張との連動で緊張しています。

カラダ内部の緊張は冷えから来ているみたいです。

 

解除して確認。

「腰がしっかりしてきました。」

「肩も楽です。」

 

肩に少し残った違和感を取り切り終了。

 

慢性的な冷え障害で、常に肩と腰に緊張が発生していたのでしょう。

 

肩は、緊張の許容範囲を時々超えて痛みにつながっていた。

腰は緊張をしているけど、普段は許容範囲を超えていなかった。

でも、許容範囲に対してギリギリだったから教科書を拾うわずかな負荷で許容範囲を超えて痛みにつながったわけですね。

 

一番の薬は冷え取りです。

整体と合わせることで、早期に肩の慢性化も抜け出していきましょう。

 


歯磨きでギックリ

「ハミガキをして水を吐いた時に腰に痛みが走りました。」

40代男性。

 

ぎっくり腰のよくあるパターンですが、動けるレベルの痛みです。

緊張が強く前方向も後ろ方向も同じ箇所が痛みます。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

ストレス系の緊張層が何重にも積もっています。

特に集中しているのが、肩、首周りです。

マスキングに合わせて解除して確認。

 

「まだ痛いです。」

 

動きは変わってきていますが、緊張層がまだたくさん隠れています。

解除と確認を繰り返して、

「楽です。痛くなくなりました。」

 

技の説明をして終了しました。

人によって緊張が入りやすい箇所は様々です。

この方は、ストレスから肩や首に緊張が入りやすい傾向がありました。

 

カラダ全体で緊張を分散しようとしますから、肩に入った緊張は全身に影響します。

全身が張りつめた状態から、ハミガキの水を吐く動作で、たまたま腰に痛みが出たと思われます。

 

一ヶ月か二ヶ月か、時々、おからだをリセットされとくと良いかと思います。


看板を見て

PC作業をしていると、院のドアを叩く音がしました。

「うちに腰でへたっているのがいるんですけどお願いできませんか?」

運送屋さんの格好の女性が、お仲間のご予約に来られました。

しょっちゅう院の前を通ってられるのでしょうね。

 

 

「今朝、荷物を持とうとかがんだ瞬間、腰に痛みがでました。」

「背中が伸ばせないんです。」

50代男性。

 

良くあるタイプの急性腰痛です。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

胸椎3ケ所、腰椎2ヶ所のズレ、尾骨のズレ。

肩首の極度の緊張。下腹部内部の緊張。

大量のマスキングが出てきます。それらを解除して確認。

 

「?」

カラダの変化と技の感触が一致せずに不思議そうな顔をされています。

微調整を数回繰り返し、痛み無く背が伸びる状態になり終了。

 

(一ヶ月半後)

「あの時すごく良くなったから、また受けたいんですけど。」

技が理解できずに2回目は無いのかと思っていましたが、調子よかったのですね。

 

「今日はカラダが硬い感じで。」

動きの確認を行うと、そこそこ曲がっています。

 

チェックすると、マスキングがまだたくさん出てきます。

それらの解除と肩周辺の緊張を解除して確認。

「楽になりました。」

 

柔軟性が増しています。今回の施術で安定すると思います。

 

今のお仕事に変わって間が無いらしく、今回は色々なお話をしていただけました。

また、お疲れの時は当院を思い出してください。


ぎっくり腰のケア

「10日前にぎっくり腰になって、3日ほど寝ていたら歩けるようになったのですが。」

「4日前にまたグキッとなってしまったんです。」

「ソファーにすわったら痛くて立てない状態で、歩くとずんずん響きます。」

 

50代男性。

 

ピークの時より楽になっているらしいですが、前後に痛くて曲げられない状態です。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

カラダ内部の緊張反応、仙椎のズレと腰椎のズレとマスキング。

それらを解除して確認。

「痛い!」

起き上がれません。

 

防御反応が強く働いています。

3回ほどの再調整で立ち上がれるようになり、マスクングを解除しながら再調整を繰り返し、前屈と後屈、歩くときの痛みがなくりました。

 

「楽になりました。」

「すっと芯が通った感じで背が伸びます。」

「ギックリ腰が再発する前の日に、良くなったと思って妻にマッサージをしてもらったんですよ。」

それですね。

 

ぎっくり腰はカラダの防御反応が極限にかかった状態なので、本当によくなるまで刺激は禁物です。

 

チェック法の反応から、潜在的に冷えの問題があって普段から腰に緊張が入り続けていたと思われます。

半身浴の仕方をお伝えして終了。

 

ぎっくり腰になった時は、まず、病院で検査してお医者様の指導にしたがいましょう。

そして、検査に異常が無く、症状が落ち着いてきたら、温めを中心に本来の調子が戻るまで安静にしたほうが良いです。

特に、痛い箇所には触らないほうが良いですよ。


のってもらったり

ぎっくり腰でご来院。30代男性。

昨日、仕事で重いものを持って、車に乗って、降りて2~3歩あるいて動けなくなり病院へ。

レントゲンは問題なく、今日ご来院。

 

ドアからの歩き方がバランス悪く、座ってもカラダが斜めになっている。

「しゃがんで立つ時、寝て起きる時が辛いです。」「カラダがうまく組み合わさっていない感じです。」

 

いつものように、動いていただきながらの三軸調整と、マスキング排除を行い一旦たっていただく。

「すっと通った感じで楽です。」

基本手技は一部しかかけられない状態なので、さっとかけながら、ふと、

「階段を上るのは大丈夫だったのですか?」

「腕力は強いんで。」

なるほど...。

 

基本手技を終わらせ立っていただくと。

「楽です。」

階段を下りて上がってもらって、

「楽です。楽です。」

椅子に座ってもらって、

「違和感ないです。」

 

「ここまで楽になるとは思っていなかった。」

ハッピーになるお言葉。

 

「疲れたときは、強くマッサージしてもらったり、嫁さんに乗ってもらったり...」

やはり。

ギックリ腰や、アゴの痛みとか、突発性の緊張につきものの過刺激。

元気な時なら、嗜好として良いかもしれませんけど、そうじゃないときは引き金になることもあります。

今日からやめていただくことを、ご理解いただけました。


一年ぶり

30代男性。

スポーツの途中で腰が痛くなり、治療院でアイシング中に脂汗が出て動けなくなる。

整形外科に運ばれ、レントゲン問題なし、痛み止めと休養で、やっと歩けるようになって当院にご来院。

 

カラダがねじれて、片足でバランスを取っている状態。

うつ伏せで、仙骨の調整やマスキング消去などを中心に行い、動いていただきながら、状態を確認していく。

肩周りの緊張が反応していたので、それを取り除き、ゆっくり立っていただく。

立ち上がる前の座の状態で違和感が強いので、再度調整。

 

立位と歩行と座を確認していただき、

「最初より楽になった。」

まだ、違和感は抜けきれていませんが、バランスが整っているので、今日はここまでです。

 

「前回が、ちょうど一年前だったなあ。6月に何かあるのかなあ。」

このお客様はちょうど一年前に、腰痛と坐骨のしびれでご来院いただいていたのですが、一回で痛みがなくなったらしく、それ以来だったのです。

 

 「痛みが無くなっても、自分で戻せる状態になっているとは限りませんよ。」

今度は、安定するまでご来院くださるみたいです。

 

そろりと歩いて、階段を降りながら、「うん、楽、楽」。

お辛い方には迷惑をかけている階段ですが、確認になりますね。