「 股関節痛 」一覧

大きな家具を移動したのが原因?股関節の痛みが抜けない

慣れないことを急にするとカラダのどこかが痛くなったりはよくあることです。

しかし、その痛みがなかなか消えなくて病院でも異常ない場合は、緊張の蓄積現象に着目すると改善に向かいやすくなります。

大きな家具を移動したのが原因?股関節の痛みが抜けない60代女性

「4ヶ月くらい前に、大きな家具を移動した後、左腰回りに張りが残って。」

「それが影響していると思っているんですけど、左股関節が痛くなって足を広げる動きや支えた時に痛みが出るんです。」

 

立位で左足で体を支えると左股関節側面に痛み、座って膝を広げると左膝が45度の角度しか開かなく痛みが立位と同じ位置に出る。

他に、事故以来の右肩の痛み、首の付け根の痛みがあります。

整体要因リレーション

(股関節痛)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 70%
  • 胸の緊張との連動 20%
  • 背中の緊張との連動 10%

(肩の痛み)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • ストレスの影響 30%
  • カラダ全体を覆う緊張との連動 35%
  • 骨格的影響 15%

マスキング層として

  • 交通事故(35歳)
  • 事故に伴う手術
  • 他、手術2件
  • 家具を運んだ時の緊張層

が反応。

施術経過

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

マスキング層が頻繁にチェック法に反応してきます。

反応するマスキング層に紐付く緊張層を開放して、チェック法の反応が落ち着いたところで中間確認。

 

「あれ?肩と首大丈夫です。痛くない。」

股関節は?

「支えた時の痛みはまだあります。」

「あぐらの痛みもまだあります。」

 

蓄積が多いです。

再調整で、

「あ。股関節開いてきた。」

「痛みありますけどだいぶ減っています。」

「からだを支えた時の痛みもだいぶ減りました。」

 

上半身のお辛さは消え、股関節の痛みは軽減。

座って膝を広げる時の膝の角度も右と同じになりました。

内部の緊張は冷え(体内の温度差)がかかわって蓄積していたので、冷え取りの最適値をお伝えして終了しました。

2回目の施術(1週間後)

「足はまだ開いていますよ。痛みも薄らいできました。」

「気持ち的にも軽い感じになりました。」

「肩首はもう出ていません。」

 

施術後、あぐら様に座って膝を開く確認で、膝が開くだけでなく上半身を足側に寄せる方向に柔軟がさらに増しました。痛みは少し残って終了。

3回目の施術(3日後)

「足の痛み弱くなっていますが、一点キューッとなる痛みが出ています。」

施術後、痛みなくなり柔軟がさらにアップして終了。

4回目の施術(10日後)

「股関節調子いいです!」

動きの確認で痛みなく可動域も全く問題ない状態でした。

複数のマスキング層が緊張の開放を妨げていた

事故などショックが加わったときなどに、広い範囲に緊張が覆い、その緊張がいつまでもカラダに残ることがあります。この、緊張が広く覆う現象をマスキング現象と呼んでいます。

マスキング現象は、その奥にある緊張の蓄積の自然な開放を妨げていることが多いのです。

 

整体的不調は、カラダに付帯する緊張の蓄積が許容範囲を超えることで起きます。

治癒力によって自然に開放されれば、それに比例して痛みが引いていくのですが、マスキング現象などがかかわってくると改善スピードに制限がかかってくるわけです。

今回は、複数のマスキング層がかかわっていましたが、順序良く紐解くことでその場でどんどん痛みと可動域が変化していきました。

整体所感

足を開いて開きの左右差があれば、ストレッチで左右差を縮めるといいような気がします。

しかし、その左右差が緊張の蓄積によって起きている場合はストレッチによって解決はしません。

解決しないだけでなく、逆に防御反応によって可動域が狭まったり痛みがひどくなったりする現象が後から起きる場合があるのです。

脳が理由があって縮めているものを伸ばされると、それに反発してさらに緊張を強めてくるからです。

 

今回、カラダ内部の緊張との連動が強く左股関節に影響していました。

引き合いが起きている状態をイメージしていただければ良いと思います。

内部の緊張との連動はカラダのどの箇所にもかかわってきます。

つまり、「大きな家具を移動した」という事象は、連動がどこにかかるかのきっかけになっていただけで、左腰から左股関節に連動が移っていったと解釈しています。

痛みが出ている箇所に原因はないということになります。


側弯症のお客様の股関節の痛みと首の痛み

整体的不調と姿勢は必ずしも比例関係にありません。

側弯症を発症している方の側弯自体は遺伝なので変化はしません。

しかし、痛みについては出にくく改善することを施術を通じて感じるところです。

12歳で側弯症が発症 40代女性の首痛と股関節痛の改善経緯

「首の痛みと股関節の痛みが強くて、ずいぶん前からです。」

「首と股関節の痛みが連動している感じがあります。」

「整形外科に行っても、側弯症だから仕方ないねって感じで。」

 

40代女性。

動いていただくと、首は後ろと横全体に張りと痛みがあり頭を動かしにくい、股関節は開いたり抱えたりで痛み、腰の痛みもあります。

股関節は車の乗り降りなどの動きで特に辛さを感じる。

改善経過

全身に渡り緊張の蓄積が多く回数がかかるケースでした。

特にお辛さが集中している首と股関節について経過を記します。

首痛

1~6回まで

  • 施術で痛みはほぼ消えるが、次回ご来院時には痛みが出てきている
  • 痛みの出る範囲は施術毎に減る方向に変化している
  • 6回目の施術後しばらくして強い痛みが出てきた

7回目の施術終了以降

  • 頭が動きやすく、普段、首の痛みはほぼ気にならなくなった

股関節痛

1~6回目まで

  • 毎回の施術で痛みと可動域が少しずつ変化するが、根幹の痛みは残る
  • 5回目の施術後しばらくして足の不安定な状態が強く出てきた
  • 6回目の施術後、車の乗り降りで足を持ち上げないといけないような痛みと力の入りにくさが出た

7回目以降

  • 7回目の施術後、手で足を持ち上げなくても車に乗れるようになった
  • 8回目の施術後、膝の外れそうな感覚が出てきた
  • 9回目の施術後、足が横に開きやすく体操がしやすい
  • 10回目の施術後、普段の動きで、股関節の辛さ感じない様になった

仰向けで膝をぐっと抱えると痛みは少し出るが普段の動きで痛みを感じないレベルになった。

施術ポイント 7回目の施術がキーポイント

緊張の蓄積が多く、回数がかかってしましました。

蓄積層は、整体チェック法で捉えて相対解除の間接手法で順序良く解放させていきます。

今回、7回目の施術が改善を早めるキーポイントになりました。

  1. 6回目の施術後しばらくして強い痛みが出てきた
  2. 少し前にあった心的ショックが影響していることがわかった
  3. その場で痛みが消えたことで痛みとストレスの関係をご理解いただけた
  4. 過去のストレス的出来事や我慢してきたことなどを自主的に話していただけた
  5. マスキングや根幹の蓄積層が明確になり根幹へのアプローチが可能になった

6回目まで、痛みの変化はあり、徐々に良い方向には変化していましたが、根幹の蓄積層に辿り着けていない感がありました。

7回目の施術がきっかけでお客様の施術に対する理解が深まり、根幹の蓄積にアプローチできる情報を得ることができたわけです。

過去の緊張層が抜けずに残っていることが多い

整体的不調は緊張の蓄積で起きているわけですが、昔の事でも蓄積の一部として関わっていることがよくあります。

  • 事故
  • 怪我
  • 手術

の経験は初回にご記入いただきますが、昔の事で、医学的には完治していても緊張層の蓄積という意味ではカラダに残ったままになっている場合があるわけです。

追突事故の後に、検査では異常無いけど首が痛くなったりするムチウチ。これもこの原理やマスキング現象がかかわって起きているのです。

 

心的ストレスも同様にカラダに残っていることが多いです。

しかし、ヒアリングはしにくく、お客様のご協力が必要になります。

 

心的ストレスの具体的内容は施術には必要ありません。(内容を詮索することはありません。)

心的ストレスがいつごろ有ったかなど、時系列がわかれば整体チェック法で捉えて施術が可能になります。

整体所感

今回の事例だけでなく、ほとんどの方共通の気を付けるべき内容があります。

それは、無理をして行う健康情報によって悪化しているということです。

  • 痛い箇所を揉んだ
  • 筋肉を付けましょうと痛みを我慢して運動した
  • 痛みを我慢しながら矯正やストレッチをおこなった

これらに対して、必ずカラダの防御反応が起きますから、蓄積という意味では厄介な緊張層がカラダに残ってしまって痛みに関与していることがあるのです。

 

初期段階での痛みは、冷えやストレスや使い疲れだけで起きていることがほとんどなので、その時に行う適切な対処法は、揉んだり伸ばしたり運動したりでは無い訳です。


妊娠8ヶ月、入院以来の背中の痛み

「腰から背中にかけての痛みが入院以来続いています。」

「仰向けで寝るとすぐ背に痛みが出てきて、起きて歩くと腰から背中が痛くなります。」

「右の股関節の痛みも数日前から出ています。」

 

妊娠8ヶ月 40代女性。

 

5年前からの常連様で、お疲れリセットのために3ヶ月間隔で通ってくださっています。

今回は妊娠されてから2回目の施術。

数週間前に体調の関係で入院されて、それ以来背中の強い痛みが付いてしまったみたいです。

 

整体要因リレーション:

(背中~腰痛)

  • 内部の緊張との連動 60%
  • ストレス系緊張 20%
  • 股関節の緊張からの影響 15%

(右股関節痛)

  • 内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系緊張 20%
  • 肩の緊張からの影響 15%
  • 股関節内側の緊張からの影響 15%
  • 腰の緊張からの影響 10%

内部の緊張との連動は整体チェック法ではストレスが反応しています。

ストレスが主要因の痛みみたいです。

 

まず、座位で施術をおこないます。

整体チェック法でチェックしながら、内部の緊張連動、ストレス系、部位間連動を相対解除の間接手法を使って解放していきます。

 

確認で、

「股関節楽になっています。まだ左に比べると少し違和感があります。」

「仰向けで腰に痛みがまだ出ます。」

 

座位で再調整。

「股関節大丈夫です。」

しばらく仰向けになっていただきます。

「腰の真ん中に少し痛みが出てきました。」

 

仰向けで関連の緊張を解放させて今度は歩いていただきます。

「歩くと腰に出てきます。」

 

仰向けで再調整。経時確認も兼ねてそのまま仰向けを続けていただきます。

 

時折整体チェック法に反応が出てきます。

反応する緊張層を解放させながら、確認のため仰向けの状態を続けます。

 

整体チェック法が反応しなくなりました。

「背中何ともないです。」

 

起きて歩いていただいて、歩きの確認で、

「大丈夫です。楽になりました。」

 

「入院がしんどくて、なかなか退院させてくれなかったから。」

入院時のストレスもかかわっていたと思います。しかし、定期的なメンテナンスをおこなっていただけていたので、簡単にお辛さが取れていきました。

 

赤ちゃん楽しみですね。


変形性股関節症でも?

「元々、20年くらい前から変形性股関節症で、これも辛いのですが。」

「9ヶ月くらい前から、右の二の腕がパソコンしている時に疼くようになってきて。」

 

ご紹介でご来院。50代女性。

 

動いていただきます。

右腕の痛みは肘を曲げて動かすときに痛み。

右股関節は仰向けで横に開くと開きにくく臀部に痛み。

歩きの確認では、右足に体重がかかるときはカラダが3cmくらい沈んでアンバランスになります。

 

整体チェック法で、整体要因のリレーションをチェック。

(腕痛)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスからの影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 20%
  • 太ももの緊張からの影響 20%

(股関節の不調)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスからの影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 20%
  • 肩の緊張からの影響 15%

 

冷え(温度差による自律神経の乱れ)による緊張の蓄積が強いケース。

部位間連動の部位の緊張にもその影響があります。

 

連動を考えると、変形性と診断されてあきらめてられる股関節の改善が主になるケースでしょう。

 

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

相対解除の間接手法を使い、内部の緊張、部位間の連動を解放していきます。

 

動きの確認でバランスやお辛さの変化を確認しながら調整を繰り返して、

 

最終、

  • 仰向けで足を開く動きで股関節の痛み無くなる
  • 股関節の可動域アップ
  • 歩く時のバランス改善 カラダが沈み込まなくなった
  • 腕の痛みは6割減 動かしやすくなった

 

冷え取りの最適値をお伝えして終了。

 

 

(2回目 3日後)

「腕の動きは前より良いです。」

「股関節は次の日に戻りました。」

「同じ姿勢から動き始めるときに痛みですぐには動けないです。」

 

同様の施術で、

  • 仰向けで足を開く動きで股関節の痛み無くなる
  • 股関節の可動域、良い状態を維持
  • 歩く時のバランス改善 カラダが沈み込まなくなった
  • 腕の痛みは7割減 動かしやすくなった

状態で終了。

 

「臼蓋形成不全と診断されていますけど改善するのでしょうか?」

 

今は歩きやすい。しかし、前回の施術では次の日に戻った。

臼蓋形成不全と病院では言われているし、股関節の改善に期待してもいいのだろうか?

 

不安だと思います。

臼蓋形成不全自体は整体では変化しません。

しかし、今、整体で歩くバランスが改善し、痛みも減っている。

ということは、カラダが受ける整体的要因を減らす努力をすることで、術後の良い状態を維持できる可能性が高いということです。

 

施術では股関節以外の箇所へのアプローチが大半でした。

これも良い状態の維持の可能性を裏付けています。

 

 

(3回目 11日後)

「腕は痛みの位置が変わってきました。」

「股関節のバランスは戻りましたが、普段、痛みをそんなに感じなくなりました。」

 

よかった。

 

同様の施術で、

  • 歩く時のバランス改善 カラダが沈み込まなくなった
  • 腕の痛みは無く、肩に痛みが少し残った

状態で終了。

 

 

(4回目 24日後)

「わりと調子いいんですよ。」

「桃太郎祭りで結構歩いたんですけど股関節に痛みが出なくて。肩も調子よくなりました。」

「バランスもある程度良い状態を維持できています。」

 

歩いていただくと、思ったより安定しています。

少しブレはありますが、カラダがあまり沈まない。

最初の想定より改善速度が速いです。

 

「祭りは何十年かぶりに行けて。」

「娘が、うらじゃの連に入っていて、それだけじゃなく花火も見れたし、2日間だいぶ歩いたけどこんな感じに歩けます。」

 

本当に良かった。

祭りを見に行きたい想いが改善を早めているのだろうか。

この後は、メンテナンスで大丈夫だと思います。

 

 

【生まれつき不利な部位の辛さへの影響】

 

生まれつき不利な状態で弱い部位。

その進行具合にもよりますが、整体的不調要因を取り除くことで、良い方向に変化していくことは多々あります。

 

当然、生まれついた状態が変化するわけではありません。

弱い箇所を補う仕組みが活性化して、不利な箇所の影響が少なくなるわけです。

 

「痛みが続くので検査を受けました。」

「すると、〇〇と診断されて、〇〇自体は治らない、以前からの物だろうって言われました。」

 

こういう診断を受けた時、〇〇だからしょうがないと考えがちです。

しかし、以前から存在していた症状だとすると、〇〇があっても痛まない時期があったと考えることもできます。

 

緊張の蓄積が増えると、元々持っている治癒力に影響してきます。

  • 既に蓄積した緊張を整体チェック法で解放していく
  • 新たに緊張が入らないように生活習慣の改善を行う

 

元々持っている力が活性化し始め、不利な箇所を補う力も向上してきます。


腰、臀部の痛みが走りに影響

「一ヶ月前から腰が反らなく、痛みが出てきました。」

「次第に痛みが下に降りてきて、右お尻も痛くなりました。」

「走るときに強く痛みますし、座ったり、日常の動きのなかでも辛さを感じます。」

 

10代男子。

ブログ 「 左足の痛みでストライド走法ができない1 」の女性が、愛媛県から陸上の後輩をつれてきてくださいました。

 

大会を目指すが、痛みで走りのパフォーマンスが悪い。

陸上系の不調は単純なケースが多いのですが、無理をされることで、量的に大変になっている場合があります。

 

動いていただくと、後ろに反りにくく痛み。カラダの角度で臀部に痛み。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

整体要因リレーション:

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系 15%
  • 股関節の問題 20%
  • 肩からの影響 30%

内部の緊張は冷え(体内の温度差)の影響が反応します。

 

マスキングに合わせて、これらの緊張を相対解除の手法で順序良く解放。

確認で、

「腰は反れてきました。痛みは減っています。」

「でも、まだきつい。」

 

再調整で、ストレス系マスキングが反応してきました。

紐解きながら緊張を解放させて確認。

 

「さっきより減りました。でも、まだ残っています。」

 

リレーションは単純ですが、やはり量的に多い状態です。

最終、痛みが半分くらいになった感じで終了。

 

 

(2回目 2日後)

「痛みは3割か4割減った感覚です。」

「しかし、走るとまだ右臀部から内側の股関節に痛みが出ます。」

「腰は、楽な時もあったりして、変化を感じます。」

 

順調です。

同様の施術で、ひたすら緊張の解放を行います。

 

最終、3割くらい残る状態で終了。

ストレッチなどに課題を感じたので本をお渡ししました。

 

(3回目 一週間後)

「日常では痛みを感じなくなりました。」

「走るとまだお尻に痛みが出ます。」

「腰は反れる日が増えてきて。」

 

さらに減ってきています。

同様の施術で、院内の動きの確認で痛みが無くなり、

今日は外を走っていただきます。

 

一本目の走り、

「まだお尻に痛みがあります。でも、前より弱い。」

 

再調整で、二本目。

「お尻が少なくなりました。腰にも響く。」

 

再調整で、三本目。

「お尻に痛みが出ない!」

「腰には少し響いています。」

 

整体チェック法の反応で判断して、ここで終了。

 

だいぶ古い緊張層は排除できたと思います。

量的に多いケースでしたがこの後は間隔を開けていけます。

 

今までどおり冷え取りを継続していただいて、主訴である温度差による自律神経の乱れの影響を排除しながら、

一ヶ月以内にリセットしにお越しいただければよいかと思います。


肩の影響で股関節痛再発か?

「10年前にボールを上から下に蹴ろうとして空振りして、左足付け根に激痛が出たことがありました。」

「最近、また同じ箇所が痛くなって。」

 

50代男性。

 

動いていただくと、仰向けで左足を横に開いた時に付け根に強い痛み。

立位で片足を上げていただくと、左足がうまく上がらずバランスが崩れる。

手を上げると、左鎖骨の痛み。

左鎖骨は一年前の骨折が元で、まだ治療中とのこと。

 

股関節はよくあるケースに見えますが、なぜ、最近痛みが再発したのでしょう?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

整体要因リレーション:左足付け根の痛み

  • 冷えによる内部の緊張との連動 55%
  • ストレス系 15%
  • 肩からの影響 15%
  • 腰からの影響 10%

冷え(体内の温度差)による内部の緊張からの影響が大半を占めています。

 

相対解除の手法で内部の緊張を解放させながら、要因リレーションを紐解いていきます。

肩(鎖骨骨折の箇所)の反応が何度も反応します。

 

チェックと解放を繰り返して、

全身のバランスが整った状態で確認。

 

「肩の痛みが減ってる。」

「左の付け根もさっきより良い。」

「足も上げやすくなりました。」

 

チェックと解放を繰り返して最終、

肩と左付け根の痛みは少し残りましたが、チェック法が反応しなくなったので終了。

 

(2回目 4日後)

「だいぶ良くなってきました。」

「日常的にはそんなに痛みを感じなくなりました。」

 

動いていただくと、

「普通に開くぶんには痛みは出ないです。」

「あ、仰向けで開くとまだ痛いですね。」

「足は上げやすくなっています。」

 

同様の施術で、

左付け根、肩(鎖骨骨折箇所)、双方の痛みが消えて終了。

 

肩も自律神経の乱れの影響で長引いていたみたいです。

なぜ、左付け根の痛みが最近再発してきたのか?

 

内部の緊張は生活習慣から来ているものなので、一過性ではなく、潜在的に存在していたと思われます。

技をかけた経緯から、

主要因は内部の緊張の影響ですが、

肩(鎖骨骨折の箇所)の影響で、左付け根に内部の緊張の影響が集中しやすい状態に変化したと思われます。

 

お客様は、健康の知識豊富な方で、冷えに関する書籍も既読でした。

しかし、ここまで冷えが自分自身に影響していたとは思ってられなかったみたいです。

 

  • 各部位の不調は影響しあうこと
  • 不調には自律神経の乱れがかかわること
  • 自律神経の乱れは、冷えとストレスが主要因であること

整体的不調の改善と安定には冷え取りが不可欠です。

このあと、施術はメンテナンス間隔で十分ですが、冷え取りはこれからもがんばりましょう。


足を上げると抜けるような痛み

「日によって出方が違うんですけど、お尻の痛みと足の前の付け根の痛みがでます。」

「足を上げると抜けるような痛みになって、特に階段が辛い。」

「座っていると少し落ち着くのですが、動くと痛みが出ます。」

「病院では異状ありませんでした。」

 

ご紹介でご来院。40代男性。

 

痛みのきっかけは、5ヶ月前

  1. 屋根上でかがみ仕事
  2. 次の日、ワックスがけ中に、車が運転できない痛みに襲われる
  3. 座薬で痛みを消して長距離運転、仕事継続
  4. 道具の手入れ中、しゃがんだ時にバキバキと痛みが再発

大工さんです。

きっかけは、よくあるぎっくり腰ですね。

 

「病院の後は、整骨院でバキバキしたりローラーに乗ったり、別の勧められた院でカチカチと器具みたいなのを当ててもらったりもしました。」

 

痛みの出方が日によって変わるということは、主要因を覆うように緊張層が多重に積もってしまって、痛点がぼやけてしまっている可能性があります。

覆われた緊張層とは、今回は、刺激や無理をすることによって発生するカラダの防御反応が考えられます。

 

動いていただくと、後屈でお尻の痛み。

「ビリビリします。」

足あげで股関節前側の痛み。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

ヒアリング時の内容から、想定される 防御反応のからみを解放していくと、

「痛い。骨盤の中に差し込む痛みが。」

 

最初の確認より具体的に痛みが出てきました。

かえって強まっています。

ここで、整体的要因リレーションをチェックすると。

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス 30%
  • 他部位からの影響 30%

 

他部位もカラダ内部の緊張の影響が大きいので、元々のぎっくり腰は冷え(体内の温度差)の影響で起きていたと想定できます。

 

相対解除の手法で緊張解除と確認を繰り返して、最終。

  • お尻のビリビリ無くなった
  • 足上げ時の痛みは無くなった
  • 後屈で腹部の差し込み痛が残る

状態で終了。

 

(2回目 3日後)

「だいぶ楽になりました。」

「でも、仕事中に骨盤の奥の差し込み痛がでることがあります。」

「かがんだ姿勢でも楽で、階段も楽。前みたいに我慢できない痛みではないです。」

 

よかった。

同様の施術で、太ももの付け根に違和感が残りましたが、それ以外は消えた状態で終了。

 

もう1回は詰めたほうがよさそうな感じでしたが、

2週間後、ご紹介者様であるお姉さまがご来院。

「弟。どこいっても良くならなかったのに。もう、治ったみたいよ。」

 

その後、不自由されていない感じです。

よかった。

 

今回、始まりは普通の冷えからくるぎっくり腰だったと思われます。

病院で検査していただいた後、足などを温めて安静にされると、人間には治癒力があるので自然に元に戻っていたでしょう。

 

休まずに無理したり、ぎっくり腰みたいに過敏な状態の箇所に刺激を入れると、さらにカラダが緊張を強めてしまうので注意が必要です。


突然出て続く足の付け根の痛み

「5ヶ月前に右の足の付け根が急に痛くなりました。」

「お風呂で座ってカラダを洗って、立とうとしたら急に痛みが出て立てなくなって、それが最初だったんです。」

「足が上がらないから、玄関先で2回ほど転んだこともあります。」

 

ご紹介でご来院。60代女性。

 

右股関節の内側に痛み。

後ろに反ると強く痛みます。痛みで足を上げにくい。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

カラダ内部の緊張が強く反応。

冷え(体内の温度差)によるものです。

マスキングに合わせて緊張層の相対解除を繰り返します。

 

腹部にまだチェック法の反応がでます。

手術の経験はありますか?

「盲腸と帝王切開です。」

腹部に付帯する緊張も相対解除の手法で解放。

 

反応が出なくなったので確認。

「楽に起きれる!」

 

後ろに反ると、

「そんなに痛くない。」

「足を上げるとまだ痛い。」

 

微調整をして足を上げていただいて、

「痛くなくなりました。」

「からだに何が起きているんですか?楽です。」

 

入れた技の種類から、

冷えからくる緊張が下腹部に溜まり、その影響が右股関節に出ている単純なケースでした。

 

からだの温度差を縮める半身浴や足湯を習慣にすることで痛みは出にくくなると思います。

適切な温度と時間をお伝えして終了しました。

 

ご紹介者様がお電話で心配されていましたけど、うまくいってよかった。


左足付け根の痛みと開きにくさ

「結婚前から左足の付け根(股関節内側)と左脛に痛みを感じながら生活していました。」

「20年くらい経ちますが、ここ1週間、特に痛みが強くなって、座ったままでも痛いんです。」

 

40代女性。

 

後屈で左付け根が突っ張る、足を上げると上げにくく痛みが出る。

仰向けで外に開いていただくと、左足は痛くて開きにくく、右足より制限がかかっています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

左付け根の痛みの要因割合は、

  • 骨格的要素 15%
  • 内部の緊張との連動 65%
  • ストレス 15%

脛は、

  • 内部の緊張との連動 75%
  • ストレス 15%

と反応が出ています。

マスキングに合わせて順序良く解除して確認。

 

「足あげは上げやすいです。少しだけ痛みがあります。」

「仰向けで開くのは変わっていないです。」

 

効率を考えて、仰向けの状態で施術を続けます。

解除と確認繰り返します。

 

「痛いけど開いてきました。」

 

徐々に緩んで可動域が上がってきて、

「こんなに開いたことは今までなかったです。」

 

痛みはまだ残っていますが、可動域が十分で、チェック法の反応が消えてきたので終了。

大量の緊張層が積もっていました。

脛の痛みは6割くらい残ってしまいました。

 

カラダ内部の緊張は体内の温度差で自律神経が乱れた時に起きると考えられています。

今回は、ストレスの影響もありますが、冷えによる影響が強いケースでした。

 

(2回目 1週間後)

「普段、そうでもないですけど、何か動いた時に、あっ痛いと思うことがあるくらいで。」

「前に比べたら、すごい楽になりました。」

 

よかった。

確認では、痛みは前より少ないですが、仰向けでの開きが少し戻っています。

 

冷え取りをきっちりしていただけているので、経過良好です。

今回も同様の施術で、開脚の可動域向上と突っ張り感とわずかな痛みが残るレベルで終了。

 

(3回目 1ヶ月後)

「快適に過ごせています。」

「日によって出てくることがありますけど、以前より楽です。」

 

よかった。

左足の可動域も良い状態を維持できています。

 

今回は、痛み無い状態で終了。

順調です。

 

今後も、今まで通り冷え取りを続けていただいて、時々、メンテナンスされたら大丈夫でしょう。


朝歩けない左股関節の痛み

「1週間前から、左おしりから股関節にかけて痛みが出てきました。」

「病院の検査では異常無くて坐骨神経痛と診断されました。」

「特に朝は痛くて歩けないんです。」

 

40代男性。

 

左足が着けないような状態で、そろりと歩かれています。

朝、痛みが強まるということは冷えか?

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからのカラダ内部の緊張反応があります。

マスキングとストレス系の反応を合わせて相対解除していきます。

 

確認で、

「少し変わったけどまだ痛い!」

 

さらに冷え、ストレスの緊張解除、バランス調整を繰り返して、

「痛っっつ!」

 

カラダが整ってきても激痛が残る場合、術者が推定できないストレス源とつながってしまっている可能性があります。

最近なにかありませんでしたか?

 

「最近? こないだいらんことして、機械を〇〇してしまって...。」

あ、チェック法の反応が出てきました。

痛みとの関連を解除して確認。

 

「あれ?全然ちがっている。」

抜けた感じですか?

「ええ痛くない。 びっくりした!」

 

医療で異常無い場合、

冷えだけでなくストレス がかかわると激痛になりやすいですね。

冷えと痛みの関係、ストレスと痛みの関係、習慣の中で気を付けることを説明して終了。

 

今回、ストレスの影響が強く出ています。

「ストレスなら避けられない。」

とあきらめないでください。

 

元々、冷えの影響でおカラダのキャパが小さくなっていたのでストレスの影響が強調された形で出たと考えています。

習慣改善と整体でおカラダのキャパを上げていけば、ストレスの影響を受けにくいおカラダに変わっていくでしょう。