「 尾骨痛(尾てい骨痛) 」一覧

産後の尾骨痛

「先月出産しまして、出産後から尾骨の激痛が出始めました。」

「薬でいくらか弱まったのですけど、仰向けで寝たり座ったりで強い痛みがあります。」

 

30代女性。

 

動いていただくと、

尾骨痛は前屈で少し響く、一番は仰向けで寝た時と座った時に痛み。

肩、首の辛さもあります。

 

整体チェック法で整体要因リレーションをチェックすると、

(尾骨痛)

  • ストレスによる股関節の緊張からの影響60%
  • ストレスによる肩の緊張からの影響20%
  • ストレスによる腹部の緊張からの影響20%

 

3点部位の連動により尾骨痛が出ています。

そして、3点の部位それぞれは、ストレス系緊張層の蓄積によるものです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

相対解除の間接手法を用いて、部位間の連動や部位自体の緊張を解放。

 

途中、解放しにくいストレス系緊張層が反応してきました。

それらを項目を特定する手法で解放。

 

起きていただいて確認。

「首が痛い!」

 

座る確認で、

「大丈夫です。」

仰向けで、

「おお!痛くない。」

 

「施術の途中で急に全身が軽くなったのを感じて。」

「今、カラダがスッキリしています。」

「目がすごい開くようになりました。」

 

首痛の関連を解放させて、お辛さ消えた状態で終了。

 

今回は、ストレス系のみ反応してきましたが、冷えの反応が強く、冷え取りの最適値をお伝えしました。

次回は一週間後です。

 

 

(2回目 一週間後)

「一昨日から痛みが出始めました。」

「それまで大丈夫でした。」

「今は、地べたに座って抱っこする時に痛みが出やすいです。」

 

整体要因リレーションを整体チェック法で確認。

(尾骨痛)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • 全身にかかる緊張からの影響 80%
      =全身にかかる緊張の要因リレーション

    • 冷えによる内部の緊張との連動 60%
    • ストレス系が直にかかる影響 15%
    • 股関節の緊張からの影響 15%
    • 太ももの緊張からの影響 10%

初回ではストレス痛がメインでしたが、奥に潜む冷えが主因の緊張層が表面化してきました。

 

前回同様の施術を行います。

確認で、

「肩取れている。柔らかい。」

仰向けで、

「足動かすと少し痛みますが、さっきより全然楽です。」

 

再調整して、

仰向け確認。

「大丈夫です。痛くない。」

地べたに座った確認。

「あ、今、尾骨がポコって鳴った。でも痛くない。」

 

施術としては、この2回の施術で蓄積がほぼ取れていると思います。

再発防止に冷え取りの継続が必須なので、

冷えの影響を再度説明して終了。

 

「でしょうね。寒いもん。」

「赤ちゃんのためにエアコンつけっぱなし。」

「寝るときもクーラーつけないといけないから。」

 

 

【緊張層の蓄積と整体的不調】

整体的不調は、自律神経の乱れによる緊張層の蓄積現象から起きていることが実績からわかっています。

 

骨のズレは蓄積のアンバランスにより発生している現象。

緊張層の蓄積を解放していくと、ズレは自然と解消されます。

 

今回の尾骨痛のお客様は、

最初はストレス系が主因の部位間連動を取ることで痛みが消失。

一週間、間隔を開けていただくことで、

初回では表面化していなかった冷えを主因とする緊張層が出てきました。

 

「赤ちゃんのためにエアコンつけっぱなし。」

と言われていましたが、冷えの蓄積はそれより以前から起きていたと考えていただいた方が良いです。

 

冷えとは、温度差による自律神経の乱れで、エアコンや冷たい食べ物による影響などがあげられます。

夏などは、「冷たくておいしい!」と、気持ちよく感じていても、自律神経的には温度差でびっくりして乱れてしまう。

みたいに、不快な感覚が無く蓄積が起きていることが多いので注意が必要です。


打ち身から長引く尾てい骨痛

「一カ月半前に、台から落ちてお尻と足を打ちました。」

「病院では足の指は骨折していましたが、尾てい骨はなんとも無かったです。」

 

「それ以来、尾てい骨の痛みは消えなくて。」

「尾てい骨の右を触ると痛いし、イスにすぐには座れないです。」

 

50代女性。

 

よくある打った箇所に整体要因が集中するタイプの尾てい骨痛でしょう。

動いていただくと、挙上で肩に張り、後屈で背骨に痛み、右背中の張り感、首の張り感。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(尾てい骨)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系の影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 太ももの緊張からの影響 20%

部位間連動と冷え・ストレスによる緊張の蓄積が尾てい骨に影響しています。

 

過去の怪我の影響も残っていてチェック法に反応してきます。

マスキングに合わせて、相対解除の間接手法を使い、内部や部位間の緊張の蓄積を解放。

ストレス系の緊張で解放しにくいものも出てきました、関連解除の手法で解放。

 

確認で座っていただくと、

「痛み変わっています...。無いかもしれない。今まで痛かった感覚だけがボッと残っている感じ。」

 

尾てい骨を触って確認、

「痛くない。」

 

他の動きでは、

「腰が前で痛みが出てきました。」

 

微調整を繰り返し、全身のお辛さを感じない状態で終了。

冷え取りの最適条件をお伝えしました。

 

(2回目 7日後)

「背中や腰がすごくすっきりした。」

「仕事で重いもの持っても大丈夫でした。」

 

「2日前から少し、背や腰に出てきたのと、尾てい骨にも出てきました。」

「尾てい骨の痛みはセンターに変わって出てきました。」

 

前回の施術と経過から、過去にあった不調の影響がカラダに残ってしまっている場合があることをご理解いただけたみたいで、前回のヒアリング以外の不調経緯も自主的にお話いただけました。

 

その件との関連もチェックしながら、前回同様、緊張の蓄積を解放させて整った状態で終了。

右首筋に少し違和感が残った状態で、他の痛みは無くなりました。

 

(3回目 14日後)

「尾てい骨は座ったり立ったりでなんともなくなりました。」

「すごく楽ですが、上部に重だるさは残っています。」

 

「腰と背は、受けた後3日ほど辛いのが出て、その後びっくりするくらい楽になって。」

「カラダはすごく軽いですけど、奥の方に何か残っている感じ。」

 

順調です。

同様の施術で痛み無い状態で終了。

 

この後は、2回間隔をあけてご来院。

過去に出ていた箇所など、他の箇所の痛みが出てきたりしましたが、メンテナンス的施術となりました。

尾てい骨の痛みは出ていません。

 

次のメンテナンスは9週間後の予定です。

 

【打ち身の痛みがなかなか抜けない】

通常、打ち身は一週間もあれば消えていくと思います。

 

病院で異常無いのに何故痛みが続くのか?

それは、『整体的要因が打ち身の箇所に集中してしまった』と考えています。

 

整体的要因は、

  • 使い疲れ
  • 冷え(体内の温度差)
  • ストレス

主に、上記3要因により自律神経が乱れて、筋肉(筋膜)や内臓系に緊張が入る、そして、蓄積現象が起きて痛みにつながる。

 

神経を通じた緊張なので、何かのイベントがきっかけになって、カラダ(脳)が緊張を入れる場所を変えてくる場合がある。

 

  • ギックリ腰になりました。今は、いつもの肩の痛みは感じません。
  • ネットで見てアゴのマッサージをすると、腰の慢性痛が半分になりました。でも、アゴに痛みが出てきました。
  • 治療院で腰の施術を受けました。腰痛は減りましたが、太ももが痛くなりました。

実際にヒアリングであった事例ですが、

マッサージなどで真の要因が消えたわけでなく、

刺激や負荷などのイベントに反応して、他の部位にかかっていた緊張がイベントのあった箇所に移動する現象。

移動した分、元の箇所は痛みが軽減する。

 

今回、尾てい骨の打ち身は早期に自然治癒しているのですが、上記メカニズムで、慢性的に付帯している整体要因が尾てい骨に集中してしまっていた事例でした。

 


長距離走に励む中学生の尾骨痛

「一カ月半前、合宿中に尾骨に痛みが出るようになって、その後の大会を2つ欠場しました。」

「春に次の大会があるのでそれまでに治したい。」

 

中学2年生の女の子。

病院を2件行かれて改善なくご来院。

 

動きでは、座ったり立ったりで尾骨が痛む。直接触っても痛い。

頭を動かすと肩のコリを感じる。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(尾骨痛)

  • ストレス系緊張 55%
  • 肩の緊張からの影響 15%
  • 股関節の緊張からの影響 20%

完全なストレス痛と思われます。

 

マスキングに合わせ、ストレス系緊張と部位間の連動を相対解除の間接手法を使い解放していきます。

勉強や陸上など、不調の経緯ヒアリングから想定できる一般的事象がチェック法に反応してきます。

 

チェック法の反応が出なくなったところで確認。

 

「肩はさっきより楽です。」

尾骨は?

「座ったり立ったりはまだ少し痛い。さっきより良い。」

「直接触るとまだ痛い。」

 

再調整で、

 

「なんか。肩が軽い。」

尾骨は?

「座った時少しだけ。」

「触っても少しだけ。」

 

再調整で、痛み無くなり終了。

複雑さが無く、短時間で終わりました。

ストレスの影響が大半でしたが、既に終わっている事象による緊張が主で、一時的に抜けにくく溜まっていたケースだと思われます。

 

お母様が、

『本当に大丈夫なの!?』

「うん。」

 

『病院2件で変わらんかったのに。不思議でしょうがない。』

 

ご質問もたくさんいただき、説明のお時間はたくさん取らせていただきました。

 

【急に発生したストレス痛】

慣れた大会なのに、当日は無意識にカラダが硬くなっている。

この様な経験をされた方は多いと思います。

 

プレッシャーなど何らかのストレスで自律神経が乱れ、筋肉(筋膜)や内臓系に緊張が入るわけです。

 

上記のように一過性であれば問題ないのですが、

  • 継続的に続いたストレス
  • 同時に複数の緊張が重なってくる
  • 防御反応からマスキング的にかかる緊張層

など、緊張のかかり方によっては、下層の緊張層が抜けにくくなりカラダに緊張がかかったまま残ってしまう現象がおきる。

つまり、緊張層の蓄積現象が起こるわけです。

 

「このレベルに到達したい。」

「でも、これだけに集中できない。勉強もしなくちゃ。」

責任感的な要素は自律神経が乱れやすくなります。

 

陸上だけでは緊張層の蓄積がカラダの許容範囲を超えることは少なかったと思われますが、時期的に他の事が重なり許容範囲を超えてしまって、それが尾骨に痛みとして出たものと、施術の経緯から感じています。


仕事のストレスから尾骨痛

「昨日、朝起きたら尾骨に痛みが出ていました。」

「寝返りしながら、痛みを感じていました。」

「尾骨の突先の右側が痛いです。」

 

40代男性。

 

今は、座ったりの圧力では強く痛まないが、触ると強い痛みが出る状態。

「片足に体重かけても痛みが強まります。」

「尾骨を打ったりしてないのに急に出てきました。」

「腫れ感もあります。」

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:尾骨痛

  • ストレス系の緊張の影響 50%
  • 下腹部内部の緊張との連動 20%
  • 内股関節の緊張の影響 20%

ストレス痛ですね。

 

ストレスマスキングが反応してきます。

お仕事がらみで最近変化があったらしいですが、

チェック法に反応するストレス系緊張に対し、痛点リレーション解除の手法を入れます。

 

内部の緊張へは相対解除の間接手法でアプローチ。

マスキングに合わせて各部位の関連も調整して確認。

 

「痛いけど最初からいえば3割か4割減っています。」

ぐっと減ってきました。

 

再調整で、

「痛みが5割減っています。」

「痛みの位置がさらに先に変わってきました。」

 

再調整で、

「また位置が動きました。」

 

最終、痛みは3割ほど残りました。

そして、腫れ感は無くなり終了。

 

【ストレスで自律神経が乱れて尾骨に緊張が入っていた】

ストレス要因に現在進行形のものがあるらしく、

自律神経系の技を入れて解放させても、現在進行形の要因についてはすぐに緊張を戻してきます。

 

まだカラダに余裕が少ないため、3割痛みが残った状態になりました。

余裕を作るために冷え取りのアドバイスをお伝えしました。

 

(20日後のご来院)

「今日はヨガで傷めた首の痛みで来ました。」

 

「尾骨は次の日にはピタッと痛みが無くなって。」

「すごいですね。」

 

治癒力も働き、カラダの余裕が増した。

1日で、残った痛みの要因量をカラダの余裕が上回ったわけですね。


しゃがんで立つ時の尾骨痛

「昨日から尾てい骨の痛みが普通じゃない痛みに変わってきて。」

「痛み始めは3日前からです。」

 

「しゃがんで立ったりする様な、力が入る動きで強い痛みになります。」

「押さえても痛いです。」

 

30代男性。

 

尾骨痛は尾骨自体に原因がない事がほとんどですが、今回はどうでしょう。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

整体的要因リレーションをとっていくと

  • 冷えによる内部の緊張との連動 50%
  • ストレスの影響 40%
  • 股関節周りの緊張の影響 10%

が反応します。

 

マスキングに合わせて相対解除の手法でカラダ内部の緊張とストレス系緊張を解放していきます。

全身バランスと股関節周りの調整。

 

うつ伏せのまま尾骨を押してもらうと、

「かわってきているけど、この辺を押すと痛い。」

 

再調整で押してもらうと

「痛み減ってます。」

 

立っての確認で、

「しゃがんでも大丈夫です。」

「和式トイレが辛かったのですけど、今は問題ないですね。」

 

よかった。

 

「あ、この角度でぐっと押すと少し痛みを感じます。」

 

チェックしていくと、潜在的なストレス系が反応してきます。

ストレス痛点解放手法を入れて確認。

 

「ぐっと押しても、だいぶ弱くなりました。」

 

ストレスの元は心の問題なので、最後に少し残っていた痛みは今の段階ではすぐ復活する可能性はあります。

 

しかし、今回、痛みの要因割合は

  • 冷えによる内部の緊張との連動 50%
  • ストレスの影響 40%
  • 股関節周りの緊張の影響 10%

で、ストレス以外の要素が多くかかわっています。

 

ストレス自体は自分でコントロールしにくいですが、

ストレスの量がかわらなくても、ストレス以外の緊張が減れば、痛みは表面化しなくなります。

 

内部の緊張は冷え(体内の温度差)からくるものです。

冷え取りを行うことで、それからくる緊張は必ず減っていきます。

 

冷え取りの条件は個人ごとに違いますので、適正条件をお伝えして終了しました。


産後の尾骨の痛み

「尾骨がピキッと痛みます。」

「右に重みがかかった時、寝返りや歩くときです。」

 

20代女性。

2年ぶりのご来院。

生後間もない赤ちゃんとお母様がご一緒です。

 

動いていただくと、尾骨に関しては今は弱い痛み。

後屈で腰痛、全然反れていない状態です。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

左股関節の緊張、恥骨結合の不調和。

冷えによる緊張が強いです。

解除して仰向けを確認。

 

「あ、痛くない。でも左向いた時ゴリゴリいう感じ。」

 

仰向けのまま技をかけます。

確認で、

 

「ちょっと痛みが出てきました。」

 

隠れていた痛みが出てきました。

痛みが強まったり弱まったりしながら、複数回確認と解除を繰り返して、

 

「楽になってきました。」

 

立っていただいて、後屈。

「痛みは消えましたけどまだ硬い。」

 

再調整で、

「あ、曲がる。後ろにいく。」

 

念のため、仰向けの尾骨の確認。

「痛くないです。」

 

今回はほとんどが冷えからくる緊張でした。

かなり多重に積もっていました。

 

まだお湯に浸かる許可が出ていないらしく、靴下の重ね履きをお勧めさせていただきました。

 

2年間に色々変化があったのですね。

ご出産おめでとうございます。


感情を抑えることと尾骨痛

「尾てい骨が痛いんです。」

「カラダを動かすときに激痛がします。」

 

一昨日の夜、急に痛みが出て、次の日、病院で異常無くご来院。

40代男性。

 

じっとしている時は良いのですが、動こうとすると顔が歪み動作が止まります。

「整体で取れるの?」

事務員さんに勧められてのことで、半信半疑みたいです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えが強いです。

カラダ内部の影響箇所に相対解除の手法を入れていきます。

そして、ストレス系の緊張が反応。

ストレス事象の想定解除を行います。

 

少し動いていただくと、

「グぅぅっ」

顔が歪んで固まっています。

 

むしろ、痛みが顕著化した感じです。

チェック法の反応をみると、ストレス系が反応。

特定しないと解除できないケースでしょう。

 

何かストレス、たとえば、いつまでに何かをしないといけないとか、悩みとかだけでなく些細なことも含めて何かありませんか?

「何もない。」

「ストレスなし。仕事も家庭も。」

 

想定解除に切り替えます。

解除と確認を繰り返して、

「じっとしとっても痛い!」

「これで本当に取れるの?」

時間が無くなってきています。

 

一昨日、痛みが出る前に何かなかったですか?

「ない!」

「ん...ギャンブルとかも関係するの?」

「ならパチンコかなあ?でも、ストレス解消じゃからなあ。」

 

チェック法に反応が少し出ました。

解除して確認。

「痛い!けど、少し変わったか?」

「その日は、〇万円持っていかれた日じゃ。」

 

「でも、トータルで考えるようにしとるから、気にしてないから、ストレスじゃないじゃろ。」

チェック法がグンと反応しました。

これですね。

3度に分けて解除。

確認で、

 

「あれ?ええよ。」

「座っても立っても激痛がおきん。」

 

よかった。

ほっとします。

 

遊びではあっても、感情を抑えることが、これほどの痛みとして出るのですね。

ただ、今回は冷えの影響も強かったです。

 

痛みは、緊張層が自分の容量を超えることで感じるので、冷え+ストレスで激痛になっていたと思われます。

冷えを普段から気をつければ、同じことが起こっても、ここまでにはなっていなかったのではないでしょうか。


尾骨の激痛

「昨日から、尾骨に激痛がでるようになって座れない状態です。」

「今日、会社では膝をついてパソコンを打っていたんです。」

 

30代男性。

 

ご来院いただいたときはなんとか座れるようになっていましたが、少し腰を浮かした感じ、痛い箇所を触っていただくと、激痛でウッとのけ反ってられます。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

大量のマスキングが反応してきます。

それに合わせて、冷えとストレスの反応が出てきます。

解除して確認。

 

「痛いっ!」

 

かなり緊張が積もっています。

複数回、解除と確認を繰り返して、

「まだ痛いけど激痛ではない。痛みの範囲も狭くなってきた。」

 

さらに繰り返し違和感レベルになったところで、座っていただきます。

座って前にかがんだり反ったりして、

「ん。まだ違和感があるなあ。」

 

再調整で、

「あ、楽です。大丈夫です。」

 

よかった。

緊張が多く、思った以上に時間がかかりました。

 

今回は、主要因は冷え障害の影響、それがストレスの影響で増幅している感じでした。

尾骨自体には何も問題はありませんでした。

 

「昨日、久しぶりにお風呂に入ってみたんですよ。そしたら、その時は痛みがかなり楽になって...。」

 

ブログを見てくださって、冷え取りを試されたのだと思います。

冷えの要素が主ではありますが、マスキング現象によって複雑化した状態なので、温めだけでは何か月もかかるでしょう。

今後は、シャワーだけで済まさないようにしましょう。


体幹トレーニングで尾てい骨痛

「体育の体幹トレーニング中に尾てい骨が痛くなって座れない状態なんです。」

 

お母様からのお電話。

ブログ 「 尾骨が痛くて座れない小学生 」

穴の開いた座布団持参で、8ヶ月ぶりのご来院です。

長持ちしていましたね。

 

体幹トレーニングは関係ない気がしますがどうでしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

冷えからのカラダ内部からの緊張連動を解除。

全身バランスの調整。

 

硬いところに座って確認していただきます。

「痛くないです。」

 

2分ほどで痛みが取れました。

ほとんど冷えの影響だけですね。

 

時間があるので、確認のためしばらく座っていただきます。

20分くらい経ったとき、

「少しだけ痛い。」

 

チェックすると、仙腸関節の不調和が反応しました。

調整して確認。

 

「大丈夫です。」

 

さらに座って確認していただきます。

20分ほど経つと、

「もう大丈夫です。治った。」

 

今日はこれで終了です。

不要な刺激の影響が今回は無いので、簡単に痛みが取れました。

 

入れた技の種類から、今回は冷えが主の要因ですが、

整体で言う冷え障害は、体内の温度差で自律神経が乱れることで起きます。

 

体表と足などの末端の温度差、もしくは、冷たいものを飲んだりの内部との温度差などが影響しますから、

暑くなってエアコンも入る今の時期が冷え障害が起きやすい時期になります。


肛門痛

「肛門の出口の内側に常に鈍い痛みがあります。」

「鈍痛とヒリヒリした痛みと交互に来ます。」

「デスクワークですが座れないので、仕事は立って行っています。」

「以前出た時は、ブロック注射を肛門の痛い箇所に打って良くなったことがあるのですが、もう打ちたくないので...。」

 

50代男性。

 

場所が場所だけに注射とか打ちたくないですよね。

痛い箇所に痔などの疾患が無いのに出ている痛みです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

(当院の技は、痛い箇所に触らない相対解除の手法です。)

 

予想通り、マスキングを介して、ストレス系の緊張がたくさん反応します。

冷えの影響も合わせて解除していきます。

 

「痛みが変わってきました。」

 

再調整を繰り返して、

「大丈夫です。消えました。」

 

よくあるストレス痛でした。

ストレスによる痛みは色々な個所に出てきますね。

半身浴など、自律神経を整える習慣をおこなうことで再発しにくくなると思います。