2週間前からの左顎の痛みと引っ掛かりで口の開きにくさが治らない

関節円板のズレや開口時の痛みは、カラダに蓄積する緊張の高まりやアンバランスが顎関節に影響することで起きていることが大半です。

つまり、カラダ全体の緊張の蓄積をきっちり紐解き開放させていくことが大切です。

2週間前からの左顎の痛みと引っ掛かりで口の開きにくさが治らない 20代男性

「2週間前から口が開きにくくて、引っ掛かる感じと痛みがあります。」

「カクカクというのは、10年前からありました。」

 

20代男性。

マウスピースでの改善に限界を感じてご来院。

施術経過

開口の変化を動画でまとめました↓

初回施術

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

整体チェック法でみた不調との連動部位。

顎関節症:

  • 冷えからの内部緊張との連動 20%
  • ストレスが直で関わる 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 背中の緊張との連動 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%

これらを紐解き開放して、左顎に引っ掛かりが少し残りましたが、開口は緩み、開口バランスも改善方向に変化して終了。

2回目 6日後

「痛みは問題なくなりました。引っ掛かりが少し残ります。」

 

戻り少なく経過良好です。

施術では、過去のきつい施術の影響がマスキング層としてかかわっていました。

マスキングに紐付く奥の緊張の開放を促すと、

引っ掛かりが減り、開口バランスが改善して終了できました。

整体所感

施術経緯から、元々は、冷え(温度差)による自律神経の乱れが関わった緊張の蓄積が主要因と思われます。

環境や習慣により、気づかないうちに蓄積が進んでいると考えられています。

  • 冷たい飲食
  • エアコンで末端が冷える
  • ヒートショック的気温差
  • 生まれつき体温調整機能が弱い

温度差で自律神経が乱れる要因として、これらが良くあげられます。

 

ご自身でおこなっていただく習慣改善としては、適温での半身浴や足湯が有効になります。

適温とは、個人ごとに最適値があるので注意が必要です。

 

あと、温度差による自律神経の乱れを生まないように、

  • 足など末端を守る服装
  • 冷たい飲食を控える

これらが有効です。

 

今回、過去のきつい施術によるマスキング現象もみられました。

きつい施術は必ずカラダの防御反応が起きますから、滞りの元になりやすく、後々影響が出てくるので注意が必要です。

 

不調発生のメカニズム(緊張の蓄積現象)についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

をご参照ください。